« むひは~ | トップページ | 女の子病 »

進む決断と進まない決断

家族と付き合っていると,システム論的にものを見ざるを得ないというか,個人の発達よりも,家族が全体としてダイナミックに関わりながら発達していく過程を実感します。

たぶんこれは高校生くらいのときから変わっていません。

大学の入試(出身大学の後期日程の入試)で,「身近に感じる心理学的な現象について述べなさい」だったか,なんかそういう感じの問題が出たのですが,まずそういったことが思いついて,身近な発達論を書いてきた覚えがあります。

合格したのはセンターの得点が高かったからだと思っていたけど,今思うと,図らずも家族システム論の先生がいたからだったのかもしれません。そのまま心理学を専門にしつつ,今やっているのは全く関係のないことですが,私にとっての心理学はごく身近な家族や,自分の経験してきた発達から始まっています。

家族心理学にしても,障害児心理学にしても,身近すぎることから,研究対象とせずにこれまできましたが,いつか扱う日は来るのでしょうか。指導教官の先生が,身近な着想からどんどん研究をされる方なので,先生を見ると,たまにふと,いつか・・・?と考えてみることがあります。

さて,それとはあんまし関係ないかもですが,ファミリートークを。

4月末に,10年勤めた会社を辞めた姉。

現状への不満と,やめたあとの生活に対する不安を抱えつつ,でも自分からというよりは受け入れた形の退職だったので,

5月は,何もすることのない毎日に,本人がだんだん元気を取り戻して行っているように見える一方で,その姉といっしょにいる家族が不安定なのも若干感じつつ,過ぎていきました。

とはいえ姉は障害を抱えていますし,次の行き先が簡単には見つからないだろうな(姉自身にとっても受け入れ側にとっても難しい問題なので),と,1年くらいかけてゆっくり考える構えでいたのですが,

それがもう今月には,少しずつ変わりつつあります。

どんな形であれ切り替えてみることで,世界が動き出すということがあるんだなぁと,なんといいましょうか,不思議な感覚で見守っています。

仕事を始めたということではなく,家族内での変化やいくつかの出会いがあり,いろいろと,新しいことが始まってきた感じです。

その出会いや変化は,たった一歩,これまでと違う方向に足を踏み出したことから始まっているのですが,変化を望んで無理に行動したというよりは,水の低きに就くがごとく,本当に自然に起こった変化だったように思います。

仕事を辞めて,次のライフステージに進むという選択は,一年前の当時にはとても負荷が高く,決断ができなかったために,姉はこの一年間,結構大きな苦労を経験してきたのかなと思います。

ただ,去年と今年,選択や行動の良しあしを評価することにはほとんど意味がなく,大きく様子が違っているという確かな事実を受け止めています。

そして,姉の笑顔を見ていて思うのは,
まだあまり想像のつかない未来のことじゃなく,今の心,今の人生とちゃんと向き合って考えてみて,進みだした毎日は間違いなく正解だということです。

もちろん今後のことはまた,その都度一生懸命考えて,選んでいくんでしょうけれど,そうであっても,ね。

私自身もまた,最近,ちょっとした選択をしました。こちらは逆に「立ち止まる」?「進まない」?決断だったのですが,同じようにいっぱい考えて,人の意見や今の自分の声もちゃんと聞いて,後悔しない決断ができたかなぁと思います。

大阪の先生を訪ねたのは,その相談に乗っていただくためでもありました。奥さんにも話をしてくださっていて,お二人から,本当に親身に,温かいサポートを頂きました。

今の自分と比較すると,ずっと自立した職業人だった母にも,いろいろと意見をもらったり,話を聞いてもらったりしました。「女だからという言い方は嫌いなんだけどね」とアドバイスをくれる母に,そうか,こういう女性なんだと,母に関して新たな発見もしたりして。

「進まない」ことを決めたので,外面的には何も変わらないんですけど,考えてた期間,とても充実していたと思います。姉のことと自分のことがどう関連しているのかはよくわからないのだけど,ごく内的に,でも結構ダイナミックに,いろいろな動きを感じている今日このごろです。

どっちも,これからどうなるかはわかりません。運や運命も大きな力で絡んできそうだし,自分が変わらなくても,勝手に周りが変わったりもするし。

でも,どうしようもないことはあまり気にしないようにして,自分の果たすべき役割もだし,体調もだし,夢や理想もだし,広い意味での自分をちゃんと見つめ,見失わないようにしながら,焦らずぼちぼちいきたいなと思っています。

|

« むひは~ | トップページ | 女の子病 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« むひは~ | トップページ | 女の子病 »