« ベルリン帰り | トップページ | 雲行き »

ICP

旅行気分満載でしたが,学会には研究発表に行ってきました。

母をホテルに置いて出かけるという感じだったので,自分の発表日に,ポスター会場にしか行ってこなかったのですが,とてもとても大きな学会だということはよくわかりました。

発表日には,当日一員のご発表があったK先生の御一行や,元指導教官のN先生の御一行(院生さん3名をご同伴)と会場でお会いして,同じ領域のO先生の2つ隣の場所にポスターを貼って立っていました。

発表時間は3時間もあって,多くの人はポスター前にいないし,ずっと立っていても間が持たないので,早い時間には知り合いの先生の所をうろうろ,終盤はメールチェックのためにネットコーナーをうろうろ。実際に立っていたのは1時間半ほどでしょうか。

そんなゆるーい感じでしたが,さすがに人が多い学会,興味を示してくれる人もいて,15+原本1枚用意したハンドアウトはとりあえず全部持って行ってもらえて,アツく感想や意見を言ってくれた人も5人くらい,ハンドアウトを送ってほしいと言ってくれた人も5人ほどいました。

同じ領域の若手研究者の人ともつながりができて,収穫は今までの国際学会で一番あったのではと思います。

妹も就活を始めて,旅の途中,私の将来に関する話も出たりしたのですが,私自身,今後どれくらいこの世界にどっぷりつかるか今は全くわからず,こういう大きな学会に出てくることも,あるのかないのか,想像が付きません。でも,出てくると刺激は受けるので,できる範囲で,できる間は,こういう方向を向いていることも大事なのかなぁと思いました。

30歳ごろまでは水商売でもできる,と本気で思ってきた人生何でもあり人間ですが,その30歳もそう遠くない話だなぁと最近は感じます。少しずつできてきたネットワークや職業観,今後どんな感じになっていくんですかねぇ。

|

« ベルリン帰り | トップページ | 雲行き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルリン帰り | トップページ | 雲行き »