« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

伊勢志摩

Img470 パールロードからの景色です。ザ,リアス式!

久しぶりにこの風景をみました。

伊勢志摩に旅行に行ってきました。ゼミ合同合宿,斎宮,海の博物館,ちょくちょくは来てますが,しっかり観光は何年ぶりだろ,15年ぶりくらいかな。

Img465_2 

この海岸はその15年ほど前まで毎年家族で来ていた海岸です。昔は泳いでいたんだけど,岩がちで何度かけがをした覚えもあります。今はもう遊泳禁止になっていました。5メートルくらい泳げばサザエとかとれちゃうんだよね 笑

この海岸をもつ宿舎も,リゾートって感じの小奇麗なホテルに変わりました。時の流れを感じます。

あ,しみじみした旅ではないんですけどね。

斎宮,伊勢神宮(内宮),リアス式,水族館,夫婦岩・・・ここぞとばかりに色々と観て,伊勢エビをたらふく食べて帰ってまいりました。

ここでこれまた久しぶりの鳥羽水族館で気に入ったゆるーい生き物たちを。。。

これはマナティ。

Img489 哺乳類だから10分に1回呼吸しに海面にあがるらしいのですが,それ以外海底で寝ころんでます。

2頭いたんですが,この子は仰向けにおへそ出して寝ちゃってるの 笑 手がいいでしょ?

便乗して怠けてるお隣のサメ?もまた・・笑

Img473

こっちはカワウソ。

魚でも狙ってるのかと観察していたら,違うんですよ。

この体勢のまま,動くのがめんどくさくなって固まってるんです。

真意はわからないけども,自分自身丸一日でも二日でもゆるゆるできちゃう「ゆるゆる大好き子」なので,妙に愛着がわいちゃいました。

だらーっとするの,時間がもったいない!って人もいるけど,いーなぁ。マナティ。カワウソ君。私は君たちのように生きたい。

ぽっちゃりしてるのもリラックス感を増してるよね。

続きを読む "伊勢志摩"

| | コメント (0)

待ちに待った!!

待ちに待った!!
今年もやってきました!

利平栗のモンブラン@グラマシーニューヨーク!!

かなり大きいので家族でわけわけしてたべます。
3つで約2700円!高!!

でも、一度食べてみる価値がある味です。
我が家はこのモンブランのおかげで、ほかのモンブランに何の感情も抱かなくなりました。

さっそく報告したら、浮かれたメールが返ってきています。

はやる気持ちで近鉄に乗ってます。

これからしばらく販売するはずですので、是非一度お試しあれ。栗きんとんに近い、濃厚な栗の味がします。

(画像、ちょうど詰めてもらってるときのなので、奥がびよんってなっちゃいました)

| | コメント (0)

引越しの報告

大学に行く前に,大家さんに,退去の報告をしてきました。

私の住んでいるマンションは,家賃を隣の大家さんに手渡しする,というシステムなので,月に一度はお話をする機会があったのですが,

出ていく,といったら何て言われるかなーと,ちょっとドキドキしながら訪ねてきました。

奥さんが家賃係と決まっているようで,たいていは奥さんが対応してくれるのですが,今日は旦那さんがインターホンに出て,おうちにあがってみると,奥さんは電話中。

途中で奥さんの電話もおわり,3人での談話という形になりました。

1年半くらいしか住んでいませんが,おしゃべりな奥さんと,犬好きの旦那さん,いつも家賃をもっていくと長話になり,当初からずいぶん仲良くさせていただいていたので,案の定の展開だったのですが,

家賃を払い終えるときに,来月いっぱいで実家に戻りたいと思いますと告げると,

「なんで?結婚? 」

とまず言われ,(普通卒業?とかですよね)

「貰い手がなかなか・・・」

と返すと,すかさず

「そんなー あんたのことは絶対にほっとかんわー」

と二人で口をそろえてフォローしてくれ,(最近このフォローも痛い・・・と思う26歳は私だけではないはず)

その後は,引っ越し屋さんの見積もりの話とか,なぜか旦那さんの海外赴任の話とか,いつも通りの世間話でした。

少し住んでみた名古屋は,なんだか乾いた土地という,名古屋市民ごめんなさいな印象なのですが,

大家さんとか鶏屋さんとか,あったかいなぁと感じる場所も,少しはありました。

なので,離れるとなると,少しさびしくもあります。一期一会と思って,出会いも別れも大事に受け入れたい気持ちではありますが。

引っ越しの日に「出ていきます」とだけ言うのも何なので,

ちょっと前にもう一度遊びに行く予定です。

| | コメント (0)

三重っ子に戻ります

ふっかつ
おひです。

3日くらい風邪でダウンしてました。

久しぶりに8度も出てびっくりしたけど、1年ちょっとびみょーな体調不良を続けてきたのがやっと終わった感じ。ガンと熱が出て、寝まくって、超すっきりしました。

週末は人発友達のあやのっちが学部以来5年ぶりに我が家に遊びに来てくれて、大羽根に移転したカフェsnugにいったり(売りである小川コーヒーは飲まなかったけど)、もみじ谷というところにもみじがりに行ったり(紅葉はまだ少し早かったけど)、家族とギャーギャー言いながらwii fit & マリオカートしたり(あやのっちとは11位と12位を必死で争い,妹とは全く勝負にならないという構図だったけど)、

さらに急遽泊まっていってくれることになり、うちのファミリーと7人でご飯を食べ、ホットカーペットにコタツ布団を乗せて皆で暖まり,本当は非公開の予定だったマイルーム、通称汚ギャル部屋(恥)で布団を並べて眠りました。

キャラ祭りるみ家の実態はお恥ずかしいばかりでしたが,本当に楽しかったです。

続きを読む "三重っ子に戻ります"

| | コメント (2)

遭遇

学会のため東京に行ってきました。

審査が入ったので、いつもと少し違った気持ちで発表したのですが、いつものような発表となりました。


ところで今回の旅ではいくつか印象的なことがありました。

まずは何といっても猪木です。

例によって、ぷらっとこだまのグリーン車(グリーン車体験するには安いし長いしすごくいいよ。おすすめ!)でいったのですが、

熱海だったか三島だったかで、斜め前の席に、がっしりして足がでかくて顎が出た、すっごい猪木っぽい男性と、女性が乗ってきました。

すっごい猪木っぽいよな、職場で若い子たちに猪木ってあだ名付けられてるんだろうなと見ていたら、前の車両から男性が来て、

握手、してもらっていいですか?!

・・・・・・

本物のアントニオ猪木!!!でした!!!

まさかと思ってると、そう見えないもんなのね。でも、初・ナマ猪木はすっごい猪木でした。ピンクのロングマフラーしてたし(?)。

その後、ちらほらと握手をもとめる人がやってきましたが、猪木がどのようにすごいのかあまり知らないし、席が近すぎるし、私は握手を求めませんでした。

猪木は、快く握手に応じていましたが、携帯電話でしゃべったり、座席を元に戻さなかったり、からのペットボトルをおきっぱなしにしていったりと、少しマナーが悪かったです。

そして、近いくせに握手をもとめなかったためか、東京駅で降りる際、ガン見されました。

(・・・・よい子のためにも色々と頑張ってください。)

続きを読む "遭遇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚ロースステーキの色々

1年ほど前から,実家が,直売の豚肉を定期的に買うようになったので,実家に帰ると,豚肉を3種類ずつくらい,もらってきます。

そして,一か月に2枚は,豚ロース肉を食べています。

新鮮なおいしい豚肉なので,塩コショウをして焼くだけで,それはそれはおいしいのですが,

2週間に一回同じものを食べているのにも飽きるので,いろいろと食べ方を工夫しています。

◇カポナータ風野菜のせ

夏は, ラタトゥユを作ってのっけて食べるのにハマりました。ある日,ラタトゥユだけでは何となく物足りなかったので,試しにバルサミコ酢をかけてみようとして,少しだけのつもりがドバッと(ポン酢をかけるように)かかってしまいました。

Img300それが特においしくて,4~5回はリピートしたでしょうか。

あとで知ったところによると,ラタトゥユのような材料で酢(バルサミコやワインビネガー)を加えて作るものを,カポナータといい,イタリアンなんだそうです。私の場合は,「加える」というより「かける」なので,ちょっと違いますが。

実家にも紹介しましたが,酸っぱいのが好きな母が特に気に入っていました。脂っこい豚をさっぱり食べられるので夏メニューとしてお勧めです。

◇リンゴソース

豚と言えばリンゴです。オーストラリアにホームステイしたときに,ホストマザーのSueが,おいしいリンゴのソースを作ってくれたのが,とても印象に残っています。ちなみに,鶏と言えばオレンジです。

秋以降は,リンゴのソースもお勧めです。

本当は,玉ねぎやらセロリやらをじっくりと飴いろに炒め,お砂糖や蜂蜜で甘みを加え,ワインとチキンブイヨンを入れたものに,すりおろしリンゴ・ローリエ・にんにく・塩などを合わせて,最後に濾して出来上がるのですが,

セロリは買わないので,塩の代りにセロリの風味が入っているクレイジーソルト(お気に入り調味料のひとつ)を入れて作ります。

ちょっと甘めですが,これもおいしいです。

◇梅おろしポン酢のソース

相変わらずかつお梅があるので,秋冬の常備野菜,大根と合わせてさっぱりいただこうと,最近作ったものです。

梅は種を取ってつぶして,大根おろしと合わせて,面倒なので,ポン酢も合わせてしまいました。

ポン酢を混ぜたせいでちょっと見た目は良くありませんが。

何か香味野菜が欲しいと,本当は梅なら大葉なのでしょうが,冷蔵庫になくて,

Img419思い立って,まだベランダで頑張っているバジルをちぎって混ぜてみました。

ちょっと・・・いや,かなり心配でしたが,

思いのほかおいしくいただけたので,「うちもまだバジルが頑張っている」という人は,大葉がなければですが,ぜひ試してみてください。

Img421

梅は,普通の梅干しでいい気もしますが,

もしかしたら,かつお梅だからおいしかったのかもしれません。

かつお梅とバジルのコラボが実はよかったのかもしれません。

かつお梅とバジルをポン酢がつないでいるという関係がうまくいったのかもしれません。

おいしい理由はなぞに満ちていますね。

この辺研究すると,おいしい料理を狙って生み出せる人になれるのかもしれません。

| | コメント (0)

あちこち大変そう

言いだすほうは簡単,やるほうは大変だと,つくづく思う今日この頃です。

ひとつは年賀状。

今年は同じ値段で,ディズニーのイラスト入りやら色付き年賀やらが販売されて,

「へー。いいやん」

と気軽に予約をしたのですが,

予想を超える予約が入ったらしく,発売日をずいぶんすぎてから,電話がかかってきました。

「すみませんが,入荷できませんので,普通のインクジェット年賀でいいですか?」

電話を受けた私は仕方ないですよね,と言って受け入れてしまったのですが,それを母に伝えたところ,

「そんなの予約の意味がないじゃん!!」といって電話をかけなおし,説明をもらえるよう求めました。

すぐご説明に伺います,といってそこからさらに数日放置されたのですが,

ひどいね,と家族で話しつつ,たまたま別の用事で家に来てくれていた局員さんに,改めて問い合わせ,その方がそれはいかんと言ってくれて,やっとのことで,説明しに来てくれたのでした。

HPには書いてありますね。

http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2008/1029_02.html

来てくれた担当の局員さんは,はじめ,なぜか,不足分の一部であるディズニーのを10枚だけ,用意できました,ともってきてくれたのですが(もしや局員さんの分?!),

母は,そういう問題ではなくてね,予約したんだからうちの分を用意しろ,ということではなくて,生産枚数が決まっているのでしょうから,予約を取る時点でこのような事態はある程度予想ができることでしょうし,来年度またこのようなことになってしまったら困るので,ぜひとも意見をお伝えいただきたいのです,という風に非常に穏やかに意見を言っておりました。

すんなり受け入れてしまった私と違い,彼女の対応は非常によかったと思います。担当者の人にクレームしても,根本的には変わらない,とあきらめてしまいがちなのですが,こういうやり方なら,お互いにとってきちんとしているなと勉強になりました。

結局,出直してきます,と帰って行った局員さんは,今回のことの事情の説明とともに,どこからか希望のものをすべてそろえてくださいました。ご家族の分なら受け取れません,といったのですが,そうではないようです。増刷したのかな。

もうひとつは,最近話題のやつですね。定額給付金。

どうして定額減税にならないんだろう,というのはさておき,1万2千円という額を,麻生さんはどのようなものとして考えていらっしゃるんでしょうね。

国民年金の1か月分にも満たない額です。無駄に使うわけないやんね。

額はともかく,個人的には,麻生さんに,(景気が悪くて消費が滞っているから,)

「1万2千円ずつお小遣いをあげるので,使ってくださいな。」

と非常に個人的に言われている気分なのですが,実のところ麻生さんにお小遣いをもらうわけではないし,

配り役はまた別にいるわけだし,何か不都合が生じて,クレームをじかに受けるのは,ごくごく末端にいる人たちです。

どちらにせよ,いいだした段階では,とても簡単な話だったのでしょうが,また,実際にこれらのアイデアがどれくらい成功するのかは,どちらもまだ見えていないものですが,

大事なのは,末端の部分まできちんと配慮して考えた上で,そのアイデアを実行するということだと思います。

実行力のある人というのは,ある程度,無理矢理でも決めて,巻き込んで,進んでいくところがあるのでしょうが,それは長くは続かないのかな,なんて,今,若干ですが末端の気持ちを味わっているからか,思います。

まだ修正や挽回,撤回の余地は残されていることと思います。

良いように進んでいくよう,願っています。

| | コメント (0)

今日は

妹の誕生日です。

24歳になりました。

キムタクと同じ日です。

ハピバースデー!!

誕生日にプレゼントを贈り合う習慣はなく,この前家に帰った時に一緒にケーキを食べてお祝いをしました。

プレゼント・・・あげたら喜ぶかなと一瞬思いましたが,アメリカに行けばコーチのバッグ,ドイツに行けばシュタイフのベア,家では私が一生けん命働いて買った洋服たち(お下がりのこともあるし新品のこともある)をあげているので,

やめました。

というか,私にはそんなにプレゼントくれる人いない・・・と気づいてちょっと落ち込みました。

妹って得だね。

でも,かつては貰いっぱなし,買ってくれても必ず後で請求の妹でしたが,薬剤師のバイト代が素晴らしいせいもあって,最近は家族にいろいろ買ってきてくれるようになりました。

この前家に帰ったら,すごくうまい,いくらの醤油漬けが(うちにはそういう高級食品はめったにやってきません)。

そんな成長を嬉しくも思っています。

| | コメント (0)

ドラゴンズ・トレイン

昨日地下鉄に乗ったら,

「本日はぁ,ドラゴンズトレインへのご乗車ぁ,ありがとうございます~♪」

といわれて,そんな電車に乗った覚えはないぞとびっくりしたのですが,

もう半年くらいやってるんですね。そしてあと1週間で終了するそう。

http://www.kotsu.city.nagoya.jp/info/2007/003568.html

ドラゴンズ一色に装飾された電車がそうだったようです。そういう電車には何度も乗ったことがあったのですが,選手のアナウンスというのは昨日初めて聞きました。

あ・・・ そういえば昨日今日と,連続で野球ネタになってしまいましたね。

| | コメント (0)

蟹ドリア

愛してやまないキッチンスギヤマの蟹ドリア。

後輩のSちゃんと食べに行ってきました。

蟹!!! っていう感想しか出ないくらい蟹がたくさん入っています。

そして,めちゃくちゃおいしいんです。

どこか,広まってほしくない気持ちもあるけれど,機会がある人はぜひ一度口にしてほしいメニューです。

大学から歩いててくてく行ったら,行きは40分くらいかかった(帰りは30分)のですが,今日は昨日までの寒気が少し緩み,25歳と26歳の女子トークも弾み,楽しいウォーキングとなりました。

| | コメント (0)

タンノくん

土曜日に,「日本シリーズどっちが勝つだろうねぇ」という話から,球団のネーミングの話題になりました。

ドラゴンズは竜でしょ,横浜は?スター,あ,星か。

ん?じゃあ広島は??

はて・・・

カープ・・・鯉!! 

誰かがすぐに答えをくれたのですが・・・・

じゃあマスコットは?

横浜には,星のマスコットがいた。

中日には,シャオロンくんがいる。

・・・広島は・・・?

話はあやふやに「なんか男の子みたいなやつだよ」と終わったのですが,

なんとなく,気になって仕方ありません。

以来,球団名にちなんだキャラ・・・と連想して,頭に浮かんだコイ人間が

球場内をドアラ的に踊り回っている光景がリピートされています・・・

コイ人間は,昔アニメで見た・・・あれみたいなやつ・・・

ということで,

調べてみました。

まず,カープには,コイのキャラクターはいませんでした。話に出てた通り,男の子のキャラと,スライリィというキャラの2種類でした。

そして,こっちは苦労しました。浮かんだキャラは,パプワ君に出てた「タンノくん」でした。

どんなマンガだったか覚えてないけど,網タイツはいて踊っている気持ち悪いやつです。

あれ(私の想像では網タイツまでははいてなかったけど)が球場で踊っているというありえない光景を思い浮かべて,ここ数日私がどれだけモヤモヤしていたかを共有してもらえるとありがたいです。(さぁどうぞ)

あーすっきり。

ちなみに,タンノくんはコイではなくタイでした。

カープファンの皆様,変な妄想してごめんなさい。

| | コメント (0)

よきょうの動画

後輩M子ちゃんが,なんと動画に取っていてくれて,一緒に演奏したMちゃん経由でDVDをもらってしまいました。

怖いもの見たさ・・・で見たのですが,

意外と余興っぽくてよかったです(まだ見てない2人,ぜひみてね。ディスクは今Juliesの棚に・・・)。

M子ちゃん,ナイス。

約2ヶ月の間,話し合ったり練習したり,同期6人組で取り組んだ活動,

途中,それぞれ忙しくしていた時期もあり,「大丈夫か?本番?!」とお互いに思ったこともあったと思いますが,

みんなの新たな側面が見えてきたり,だんだんと演奏らしくなってきたりして,終わってしまった今は,なんだか寂しいです。

緊張にめっぽう弱かったり,選曲に確信がなかったり,最後までヒヤヒヤでしたが,

そんなのも含めて,とても楽しかったです。

DVDとか写真を見て,たくさんの人が写真を撮っていたり,前まで出てきて聞いてくれていたりしたことに気がついたのですが,

演奏しているときには気が付きませんでした。

というか,ほとんど記憶がありません。

書いていませんでしたが

そんな演奏後の安心と,すごくお世話になっている先輩であり大好きな友達もある人が最高の日を迎えたんだという喜びとで,

演奏直後,みんなでつけていたお花を集めてプレゼントしにいくというお役目の時に,

あたしゃ大泣きしてしまいました。

そして,

大きな声で「おめでとう!」と言い,それに続いて皆が「お幸せに!!」と言うという,計画は,そのせいで失敗しました・・・・

その光景は映像に映っていなかったので,

ちょっとほっとしたのでした。

| | コメント (2)

むふ

Img417 冬と言えば・・・

焼きイモ。お茶とイモ。

むふふ。

いまや御用達の100円ローソンのレジのところに,100円焼きイモが売っているのです。

紅あずまというイモらしいです。

甘くてすごくうまいです。程よい大きさ。

夕食後の楽しみになりそうです。

大学からも買いに行ける距離です。機会があればぜひ。

続きを読む "むふ"

| | コメント (0)

まっすぐ

不意打ちのまっすぐな愛情に,どきゅんときました。

大丈夫,というのが癖で,実際大丈夫なようにふるまいつつ,無意識的にはこっちをもっとかまって欲しいと思っていたひねくれ子どもだったので,

人が離れていけば,やっぱり自分には価値がないんだとか,どうでもいいんだとか思うし,そんなわけないとわかりつつも,ただ一人,好きな人にそんなことを言ってしまったことがあります。

一生懸命誰かが寄ってきてくれても,明日にはどうなるかわからないと,自分に言い聞かせていました。

でも,私のあまのじゃくな見方を超えるまっすぐさで,愛情をくれる人たちがいるんですよね。

今日は,そんな愛情に触れて,ここで泣いたら変だ,と一生懸命涙をこらえていました。

寒々しい冬の入り口に立ったような日でしたが,とても温かい気持ちになりました。

Img416

こんな愛情をただ素直に受け止めることを知っていれば,大事な人と離れずに済んだのかもしれないね。

こんな愛情をまっすぐに伝え続けることができていたら,傷ついた人をきちんと癒せていたかもしれないね。

いつか,もらった分を返すことができるといいな。そうできるように,がんばるね。

居てくれて,ありがとう。ありがとう。

| | コメント (0)

立冬

立冬ですって!

その響きと,寒くなるという天気予報で,トレンチを着て出かけたのですが,それほど寒くなかったです。

今日は,大学近くに法律関係の事務所を開いた後輩とランチに行き,

普通におごってもらってしまいました。

超スムーズに会計を済ましてもらったあとで,

そういえば私が先輩・・・ と思いましたが,

まあ嬉しい♪ のほうが先に立ちました。

年齢なんて,関係ないさー。

最近,

長いものには巻かれ,

甘えられるものには甘えてしまおう,

と考えて行動する傾向が,いよいよ定着しちゃっている気がします。

| | コメント (0)

“挫折”

電車に乗っています。

向かいの席で、高校生が男泣きしております。

さっき友達っぽい子らに話しかけられているのが耳に入りました。

フラれたようです。

人目もはばからず,ぐしゅんぐしゅん泣いております。友達は気を遣って、少しだけ離れたシートに座っています。

心から好きな人だったんだね、きっと。

かくいう私も最近挫折?のようなものがありました。

今いただいている研究費の、来年度からの選にもれました。

まともに生産ができていない状況なので、当然と言えば当然ですが、複数の先生にお世話になりつつ狙ってとりにいったものだったので、申し訳なく、残念なことでした。

この業界にしては年齢が若く、経験が少ないので、就職もなかなか難しい状況、苦境にいると言えばそうなのかなぁと思います。

ただ、なんででしょう。やばい!と思う気持ちがある一方で、この結果を受けて、ほっとした自分もいます。

応募時からこれまで、まぐれでも選んでもらえたら、留学をするだとか、もっと上のキャリアを目指すだとか、どんどん、そんなことを考えなければならないのかなぁと漠然としたプレッシャーを感じていました。

それはそれで運命だと思ったからこそ応募したのですが、最近の自分は完全に息切れしていて、このままでは自分がいなくなってしまうという危機感を感じてもいました。正直をいうと、ほかごとにかまけてしまっている現状に、電話一本で解放されるなら、今の身分をすぐに捨ててしまいたいと、何度も思ってきた今日この頃でした。

たぶんこれは甘えでしかないんだけど、このままこの日常に適応したところで、心や人生は豊かにならないと、妙な結論をだしたりもしていました。

ほっとしたのは,そういう心情があったからです。

これまで,実力より遙か上を認められてきてしまったということは、すごくありがたく幸運なことである一方,私にとって、思った以上に重いものだったのかと思います。

そういう意味では、今回のことは、新たに自分の生き方とか、価値を置くべきこととかを考え直す、いいチャンスになるのではないかと思っています。

前にも確か、挫折をテーマとした日記を書いたことがあって、そのときは、私は挫折をしないように歩いてきたように感じると書いた気がするのですが、本当はそうではなくて、実のところ、いろんな失敗を通して失敗に対する捉え方がだんだん変わってきているために、挫折感を味あわなくなっているということなのかなぁと思います。

理想が高い分失敗も多いから 笑,そのたびに,もちろんショックは受けるし、悲しい思いもするし、出来事によっては泣いたりもするけれど、乗り越えてみて、もう少し先の未来にいってみると、その経験がなければありえなかった世界が広がっていることに気づきます。


さらにありがたいのは、周りもその経験をみとめてくれることです。今回の場合、私自身の気持ちを話す前に、結果を聞いた家族が、

「もともとは幼稚園の先生になりたかった子が、今はN大の教授にでもなるような道に足を踏み入れちゃってるんだもん、そろそろ疲れたでしょう。ゆっくり考えて将来を選択したらいいよ。」

とまさに私の気持ちを代弁してくれました。
ちゃんと見ていてくれて、帰る場所を用意してくれている人がいるということ、これを上回る幸せはないなと感じました。



目の前にいる男子学生もまた、少し距離をおいて見守ってくれている友達の温かさに気が付いて、失くした恋から得ていたものとは全く別の、素敵なものを得ることと思います。


人生で経験する感情の総和は、きっと0だと私は信じています。今苦境にある人は、きっとそれを相殺する幸福に出逢えるでしょうし、今幸福にいる人は、それが絶頂なら必ず、あのころは良かったという気持ちになってしまうような出来事に出逢うことになるでしょう。私自身は、これまでそんなアップダウンを繰り返して生きてきたという実感を持っています。

でも、だからといって、苦境を楽観したり、幸福を悲観したりするのではなく、それはそれとして受け止めて、めいっぱい、味がなくなるまで噛みしめられる人でありたいとも思っています。

そしてそんなとき大事なのは、幸福感に浸ったり、苦悩したりするような、時間と精神の余裕を持つことではないかと思います。

そのときの気分に流されすぎず,忙しくして誤魔化すのでもなく、少しずつ時間をとって、その気分に酔ってみようと思います。その時間は、最強のダメ人間になってもいいんじゃないかな。

とかいって、バランスのとり方はなかなか難しいし、他人に対しても、それが大事な人であるほど、入り込みすぎてしまってうまく伝えられない,一緒にバランスを取るための協力ができなくなってしまうというのが現状。ちょっとずつ発達していきたいなと思います。



私の場合、未来を切り開く努力ができる状況でもあるので、そっち方向も頑張らねばと思っております。来年は、数年前開設予定だったN大学S町分室を本格始動させて、生産活動に力を入れる所存です。


お互い頑張ろうね、少年。

| | コメント (0)

プルコギ

食べてきました。ビビンパと鍋とアワビ粥も食べてきました。

韓国,いってきました。

久しぶりにゆっくり寝て,汗をかき,垢を落とし,くまもとれてすっきりしました!!

汗はキムチです。なにか頼むと必ず出てくるのね。お代わり自由で。お鍋を食べた時は,あっちもこっちも辛くて,ひぃひぃでした。

お土産はほとんど買わなかったんだけど,メインは化粧品でした。まったく買う気はなく行ったのですが,innisfreeという自然派の化粧品やさん,値段も試してみた感じもとてもよくて,気に入ってしまい,化粧水やらハンドクリームやらいろいろと買ってきました。

街中にはたくさん化粧品屋さんがあるんだけど,揃って「IKKOお勧め!!」の看板が!!(しまった!写真忘れました!!)

そしてそんな店にはまんまと日本人が群がっておりました。そして,えぇ,私もそんな品を,「え~ だってIKKOお勧めだよ」という友人の言葉に引きずられて買いました。

友達はさらに,日本で125000円する赤いヴェルニのバッグを,円高効果85000円で購入していました。3割引と思うと安いけど,私には手が出ません。でもすっごい可愛いのでした。ボーナス前のOLなら買っていたんでしょうねぇ。残念・・・。免税店にはそんな(ブランド品目当ての)日本人がいっぱいで,ヴィトンは入場制限をしていました。

ウォンは手に入ったけど,免税店はドル表示,ドルOR円購入が原則のようでした。いつかプチセレブになったら,新羅ホテルに泊まって,ドル札束を抱えてブランド免税店巡りをしたいと思います 笑(宿泊した庶民派プリンスホテルは繁華街に近くてGoodでしたが)

初めての韓国だったのですが,コンビニもファーストフードもデパートも,日本とまったく同じで,特に驚きはなかったのですが,看板とかが全然読めなくて,そこで外国にきたなーと感じました。

日本語の表示が出してある店も多かったのですが,街中にある店の名前や業種,駅も多くはわかんなくて,なんで英語の表示がないんだろう,なんて思ったりもしたんだけど,思えば日本も同じなんですよね。隣国なんだし,少しは言葉を理解したいなぁと思いました。

全く歴史的な物を見られなかったので,また機会があればいきたいです。

Cimg1524m

| | コメント (0)

ムーンライトながら

で東京入りしました。一度乗ってみたかったのです。

座席は特急なみ、安い夜行バスよりゆったりしてました。でも異様に寒かったのと朝五時の東京駅がどうしようもないのとで、リピはどうかなというかんじ。いい経験ではありました。9両全車満席でした。

韓国いってきます。
結局、ウォンは名古屋でも東京でも手に入れられず。

旅行いく人以外買わないでよ〜 と思いかけて、自分もドルを買ったことに気づきました。

でも、おとなしく現地調達しようと思ったら、羽田にありました。ほっ。

ではいってきまーす(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式

いってきました。新郎新婦の素直で気さくな人柄がにじみ出た、とても良いお式でした。

みんな異様な緊張感でしたが、余興も何とか止まらずやりきることができました。

印象的だったのは、やっぱりお母さんかな。
お母さんたちが儀式をする形の人前式だったり、祝辞を述べられたH先生とお知り合いだったこともあって、随所でフィーチャーされていたのもそうなんだけど、

とにかく、自分の娘が同じ道を歩もうとして、その伴侶を手に入れたことが、うれしくてうれしくてたまらないというご様子でした。

私たちが院生女子一同ということもあってか、ご自身が大学人であり家庭人である人生を選ばれたときの苦労とか、現在のお仕事とか、色々おっしゃってて、

「やだわしゃべりすぎちゃって」といそいそと席に戻られる姿も、とっても幸せそうで。

結婚する二人が幸せそうなのはもちろんだけど、その家族も幸せ満面の式、だから素敵だったのかなと思います。

女の子らしからぬ、これまで式をすることにあんまり意味を感じなかったのですが、式で親孝行ができるのだなと感じて、結婚式願望がにわかに高まった今日でした。

いつか、幸せにしたいと相互に思い合えるような人たちと、そんな関係が築けたらいいな。

本当におめでとうございます。お幸せに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結婚式前夜

ってどんな感じなんでしょうか。

これまで何人かの友達の結婚式に参列して,スピーチをしたりもしたけど,あまり考えたことがありませんでした。

一つのイベントを企画するのだから,準備完了!!って感じのやりきった感もあるのかな。来てくれる人が満足してくれるかどうか,気になってしょうがないかもしれないなぁ。入籍前なら,いよいよ姓が変わるとか,結婚に対して感慨に浸ったりもするのかな。

明日musakoさんが結婚式をあげられます。で,同期の仲間と余興します。

そんなせいもあって,何かと結婚について考えるここしばらく。そのキーワードに敏感になってしまうというか,実際よく聞いたのだと思うのですが。

さっきTVつけたら,福山雅治さんと堤真一さんが対談してて,そこでもそんな話が出ていました。

結婚という枠に入っていかない(できないと言っていたけどそんなことはないだろう)のにはそれなりの理由があるんだけど,それは人柄とかでは絶対にないんですよね。二人とも超イイ男だし。話を聞いていた感じた共通点は,仕事に対してものすごくストイックだということかな。何かに没頭しちゃうと,ほかがどうでもよくなって,それは大事じゃないということではないんだけど,そっちのけになっちゃうとか。

で,それはそれで別にね,抑えるべきポイントを押さえてたらいいんじゃないの?と思うんだけど,その人たちは,うまくマネジメントできそうにないということがもう浮かんじゃってて,足を止めてしまう。

あ~,って感じです。うまく言えないけど,ね,常に相手のこと考えて,常に相手のために仕事して,なんて無理なんだから,もうちょっと考え方変えれば,新しい世界が待っているのにね。

musakoさんをみていると,共同生活をマネジメントするとか,自分の人生にその人のこの部分が必要だとか,そういう具体的な頭で考えたものではない何かを見出した相手こそ,結婚したい,と思う相手なのかなーなんて思います。

もちろん,マネジメントするための話し合いは必要になってくるし,必要を埋める何かがあっても(あったほうが?)いいんだけど,それが決め手ではないというか。

どんな流れでそこにたどり着くかは,千差万別なんだと思いますが,明日高砂に座っている二人は,きっとその何かを見つけて,当たり前のようにご結婚されるんだと思います。

楽しみ!!

そして,消えろニキビ!!

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »