« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

くりびつ

最近,研究室はじめお祝い事が連発していて,贈りもの好きのわたし,贈り物担当を引き受けて,プレゼントを選びまくり,購入しまくっております。

贈られた人が喜びそうなものを妄想するのも,うわーこんな素敵なものがあるんだ,というのを知るのも,すっごい楽しいですよね。自分も欲しくなってくるので,数量「2」としてしまいそうな葛藤を乗り超えるのが大変なんですがcoldsweats01

ネットショップで買うことも多いので,続々と宅配便やさんが我が家にやってまいります。

「私が買っているわけではなくて,みんなで買っているのが来ているんだよ~」

と説明するものの,個人的に買った本なども合わせて届くので,あまりのお届けものの多さに「お店開くの?」と呆れられております 笑

ただ,今現在はほぼお取り寄せ期間が終了して,「おわったー」とおもっていたら,

今日,私宛の,ずっしり重い謎の小包が届きました。

ん?もう頼んでないけど・・・と思いつつ,受け取って差出人を見たところ,

お隣さんことO君からの贈り物でした。

辞書かと思うくらいの重みでびっくりしたのですが,

内容物の書き込みを見ると「置物」

まだ意味不明感たっぷりなので,急いで開けてみると,ジュエリーケースのような立派な箱に,「辞書違い」の素敵な品物が入っていました。

うぉぉ と驚きつつ,早く礼を言わなければと電話すると,

 「爆弾届いたやろ?」

おうおう,届いたよ。大爆発ですよ。

何かと気遣いのある人ですが,改めてすごいなぁと感心しました。

引っ越し作業中のお忙しい中本当にありがとう。

こちらこそ人生の新たな門出の祝,何かよきものをお返ししたいと思います。

贈るのも好きだけど,贈られるのはもっと嬉しいねぇ。

品物は贈り主が想定してくれている場所に設置しだい,写メとってアップしたいと思います~。

| | コメント (0)

8時間

規則正しい生活をせねば,と只今「12時までに寝ようキャンペーン」中,なのですが,

7時に起きると眠たくて,

いったい何時間必要なのか,改めて考えてみたところ,

すっきり目が覚めるのは,8時間睡眠をとったとき,というのがわかりました。

つまり,7時に起きようと思うと,11時に寝ていないといけなくて,

6時に起きようと思うと,10時に寝なければなりませんbearing

クリステルさんを見ないと眠れない体になってしまっているので,

9時台,10時台に現れる,代わりの何かを探し中です。

「とくダネ」の小倉さんは,昔から3時間くらいしか寝ないそうです。

この違いは・・・睡眠の質?それとも体力?

ところで迷惑メールが多すぎたので,数か月前から

「なりすましメール拒否」設定にしています。

携帯へのメール着信お知らせサービスも,やめました。

どちらの効果か,嫌なメールは激減。

でも不思議なのは,当初「迷惑メール」フォルダに受信していたメールすら,この頃激減しています。なんででしょう。

迷惑メールってどういうシステムで送られてくるんでしょうね。

| | コメント (0)

雪の神社

朝,家族を送りついで,椿大神社に足を運びました。

神社好きの先輩方の影響で,月に一度くらいは日々のお礼に訪れようと決めています。

自分や自分の大切な人の「無事」ほどありがたいことはない,と思います。トシ?かもしれないけど,いろんな基準が変わってきたんでしょうね。

昨日は実家付近も積もりましたが,神社の付近は今日も結構降ったらしく,雪をこんもり乗せた車とすれ違ったり,神社でも,木々から雪のかけらや雪解け水が落ちてきたりしました。

寒い日ならでは,しんと冷えた空気が,一層心を清めてくれるようでした。

鈴松庵に寄ろうかと思ったけれど,どすっぴん&パーカー姿(そもそも参拝マナーとしてダメかも・・・)で品のあるご主人に会うことに気が引けて,参拝のみして帰ってきました。

こんな日なのに,ツアーの参拝客を含め,結構な人出があって驚きました。いや,でも,神聖です。とても。

帰りに鳥居をくぐって一礼したとき,逆に神社に向かう一礼をしたのは,小奇麗なお姉さんでした。

今度は化粧して,ご主人さんのお話を聞きに行こうと思います。色と形が毎年変わる,お茶請けのお皿も気になります。

| | コメント (0)

心の授業

毎日.jpを読んでいたら,

「埼玉大:先生の卵に心の講座 卒業生自殺きっかけに」

http://mainichi.jp/select/today/news/20090217k0000e040070000c.html?link_id=TT004

という記事がありました。

私は大学で,心理学を学んでいる子や教職希望の子に「教育心理学」を教えているんですが,

教育心理学のベーシックな内容には,ここを操作すれば学習が起こるとか,こういうやり方でリーダーシップが取れるとか,こういう影響力があることには気をつけなきゃいけないとかいうことを,有名な実験の内容を見ながら学ぶ,みたいなのが多い気がします。

教え方次第なので,それを皮切りに,いろんなことを教えることは可能だと思うのですが,教えるスキルの少ない私では,どうしても理解中心,データ中心な話し方になってしまいます。

興味深い内容も多くて,「使ってみます!」とか「気をつけたいと思います!」とかいう反響はあるのだけど,

教職に対して特に真剣な子たちからは,「現場とはかけ離れた内容が多い」という意見が聞こえてきたりもします。

自分自身としても,

基本的な内容を押さえておく,というのも(試験もあるし)大事だけど,教育とか,子育てとか,理想論では全く片付かない世界でしょ,

だから,

「壁にぶつかったとき,思いだせば少しでも役に立つかもしれないこと」

を紹介しておきたいなぁといつも思っていて,15回の講義のうち3回程度は,新聞記事や身近な話題を中心に,自分も関わりうる身近な世界を感じ,考えてみようという授業をしています。理論や概念は二の次の授業というか。

トラブルを抱えた子どもに直面したときに,どんな理解やサポート(体制)があり得るか,とか,

自分自身にストレスにさらされうるリスクがどれくらいあって,実際ストレスを抱えた時に,どんな対処がありうるかとか。

私はそういうことの専門家ではないので,あんまり大きなことは言えないし,今時点では情報を提供するというより「考えてみる」どまりの授業という印象(反省)ですが,

そういう知識を提供している心理学もある,ということを少しでも知っておくことは,大きな意味をもっている,と思っています。必要になったときに,尋ねるべき場所がどこか知っているということは,結構大切でしょ。

ストレスマネジメントの授業も実用性があると思います。

一度受けてみたいです。

| | コメント (0)

うちの母,ひじきが大の苦手で,家では全く出てきません。

私は海藻類は何でも大好きなのですが,ひじきは,旅館や市販のお弁当に入っている特別なメニュー,という位置づけでした。

旅館の朝食で見当たらないと,少しがっかりします。

そして,1人暮らしをして,お料理を作るという経験をして,自分で作れるっていいなぁ,と初めて感じたのが,豆ひじきでした。

最近作っていませんでしたが,今日,母が生のひじきを買ってきてくれて,久しぶりに作ってみることにしました。

しかしもともと食べる気のない母,何が必要なのか知らず,豆の水煮がありません。

探してみると,生の大豆があったので,それを水煮にすることにしました。

こっちは初体験だったのですが・・・

これが驚くほど簡単!

どこかで聞いたことがある気がして,お湯を沸かし,大豆を入れたボウルにひたひたにし,保温のきく鍋にボウルごと入れ,3時間ほど放置してみたところ,

すごい柔らかくなってます!指で押すと,ぷにっぷにっとなる程度にまで柔らかくなりました。

一応,圧力なべで1分ほど*加熱して,水「煮」にしたのですが,そのまま炒めてひじきとからめちゃってもいいくらいでした

*私は固めのお豆が好きなので,このような感想です。やわらかめの好きな人は,3分くらい加熱したほうがいいかと思います。

水じゃなくて,アツアツのお湯に浸しておくのが最大のポイントです。

こう簡単だと,

あらゆる豆を水煮にしたくなってきますfullmoonshine

ひよこ豆でカレーとか,そんなのもいいね。

そういえば魔法瓶にお湯入れてつけておくとか,ポットに入れておくとか,そういうやり方もあると聞いたことがありました。

豆好きさん,ひじき好きさん,ぜひやってみておくんなまし。

| | コメント (0)

ポジ雑音

ふたたび,さぶ!!

つい最近,「5月並み」っていってたのに。

今日は雪がふっていました。

わからん!気候!そして

目がかゆい><

とうとう花粉症かもしれませんbearing OH NO.

ところで開室したはずの事務室は,只今休業中です。

さぶいから,というのもあるんですけど,

ひとりで部屋にこもってやるのって,さびしいかも・・・

というのが大きな原因。

ってそんなの前から気づくだろ,って感じですが。そして耐えて頑張れって感じですが。

音楽とかTVとかラジオの音が聞こえてればいいってもんでもなくて,

人が近くでがさごそ動いてたり,話しかけられてるのが好きっぽいです。

話は半分くらい聞き流しつつ聞いてるので,話っていうか音ですね。相手も適当に聞かれていることを特に気にとめないような状況が特にすき。

ポジティブな雑音,ポジ雑音。

うむ~ もっといい名前ないかなぁ。「雑」音なんて濁った響きよりも心地いいんですよね。そういう音。

そういう風な環境を提供してくれる人のことはすごく好きになります。あ,その人は「ちゃんと答えろよ」って思ってたかもしれないけど,あくまで私自身が「ここはそういうところだ」と思えることが大事なんだと思います。

さびしがりやなのにめんどくさがりやなので,さびしくても,電話をしたり,自分から話しかけたりはしません。できません,ではなくて,しません,というのが合っている。聞いてもらうより話しかけてもらうのが好きなので,こちらから電話をかける理由があんまりないんですよね。

あ,でも,電話して,「ねぇ何かしゃべって」って言えたら楽しいのかもしれないですね。

みんなに「そんなの無理無理」って言われそうだけど,

昔飼っていたハムスターや金魚みたいに,

複数メンバーで,お互いを感じ,時に接触しながら,微妙なところで支え合って生きている感じが理想です。

明日はもっと寒いから,「今日もここでやる~」という理由がもうあります。

てへへchick

今日は(生)青のりのパスタ(←昔イタリアンで絶品だったものを目指したんだけど,60点くらい),明日は焼きそば。

相変わらずお皿は洗いませんが,ランチには時々貢献してます。

| | コメント (0)

バレンタインの日

チョコが溶ける陽気、と形容されるような暖かい日でした。

こんな一日、何してましたか?

私は、長年着ているはんてんが綻んできていたので、繕っておりました。我が家の冬にはひつじゅひん。これで来年も安心です。

ん?バレンタイン関係なさ過ぎ・・・

ということで、

千葉ロッテマリーンズのボビーバレンタイン監督のブログをのぞいてみたりもしました。「ロッテ」の「バレンタイン」監督、すごくない?

今日はまだ更新がなかったけど、バレンタインデーのカテゴリーと過去記事を発見!


ん?やっぱり結局関係ないって?

そんな年もあります。自分チョコも買わなかったもんなぁ。チョコたべるの、この時期だけなのに。

でも、昨日、指導教官の先生に持っていくのを忘れたのは、ちょっと後悔(>_<)

お会いする機会はなかったけど・・・
今度何かお持ちします(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の気配

今日はちょっぴり肌寒さを感じるけど・・・

昨日,めちゃめちゃ陽気のいい日でしたね。

名駅付近で用事があったのですが,地上を歩きたくなって,地下から早々にあがりました。歩くのが心地いいheart01

その勢いで美容院に行ったので,春仕様の髪型にもなりました。全く結べない長さというのは,結構久しぶりかもしれません。

さて

そんな春の陽気の昨日,

ずっと会いたかった人に,ようやく会うことができました。

直接顔を見られて,思ったより元気そうで,色々話してくれて,とてもうれしかったです。

緊張してただろうし,久しぶりのテンションにちょっと疲れたと思うけど,とにかく会えてよかった。

今年の春は,物理的な別れと新たな生活の始まりが共存することになりそうですが,変わらない間柄でいられれば,と思っています。

| | コメント (0)

やめる

難しいかもしれない,無理かもしれない,だめかもしれない,違うかもしれない,と思うこと。

信じることが大切,というけれど,やっぱり,そういう前向きな目標をガツンと据えるのは難しいことだと思うです。

最近,なんやかんや気になることが多すぎて,毎日いろんな人の夢を見ます。誰かに何かの問題があって,それを解決しようとしてるんだけど,あんまりうまくいかない夢。

今の私が,これだけのキャパをもって最大限にうまくやっていくには,

すべて全力疾走することをあきらめて,息切れしないように,ペース配分していくことが必要な気がします。

その道を,自分だけの道だとも思わないことも大切な気がします。

マラソンではなく,駅伝だと思って走ること。

周りのいろんな人に協力してもらい,解決してもらっている感謝の日々です。

夢を見るのは,自分の力で何とかしたかった,っていう気持ちとか,力を貸してくれている人たちへの申し訳なさからなんだと思うけど,

自分だけの力で,迷惑もかけないなんて,今の自分にはできないから,

少し力を抜いてやってこ,と思います。

ネガティブ方向の思考を止めて,今自分にできること,助けを借りつつできることを考えようと思います。

そう思えたことが,一歩前進な気がします。

感謝の気持ちは忘れずに,うまくやっていけたらいいな。

少し力の抜けた感じのさ,

いい先生に,

いい友達に,

いい女に,

なれたらいいな。

なんて。

| | コメント (0)

スプリングズ

先週末,高校&大学ともに同級生だった子の結婚式の2次会に行ってきました。

私,男の子には取り立てて好みの顔がないのだけど,女の子にはあるんです。

しばらく密かにしていたことですが(大学に入ってからコクりました),その子には高校1年生で出会った時にヒトメボレでして,花嫁さん姿も,そりゃー可愛いんだろうなと内心ワクワクして出掛けてきたわけです。

卵型の,日本人顔なので,マエドリの和装もそれはそれは可愛らしく,ドレス姿もとてもキュートでした。

花嫁さんって,みんな素晴らしくきれいOR可愛くて,その人の人生最高の姿って感じなんですよね。目にすると,こちらまで幸せな気分で満たされます。

一方私はといえば,ぶつぶつができて,最近,鏡を見るたび若干落ち込んでおりました。

バリ滞在2日目に,唇がぷっくり腫れてきたのを感じたのですが,やはし,ヘルペス君でした。太陽光のストレスがダメだったらしいのです。

薬を飲めばサーッと引いていくんだけど,

女の子なので?肌の状態が悪くなると,気持ちもネガティブになります。

疲れているなぁとか,輝いてないなぁとかいうのを,まざまざと見せつけられてるような気持ちになります。

消えないぶつぶつを見ながら,超ネガティブモードで満たされていってしまう自分を,

扱いづらい人間だなぁと反省したりしています。

幸せラッシュ中の今日この頃,幸せそうな人たちの表情をみたり,話しを聞いたりすることが多いのですが,

彼女たち,絶対に免疫力が高い。

キラキラしてる。

恋のパワーはどんな美容液よりも偉大,だと思いました。

私だって,恋をしているときは,きれいだった・・はず(遠い目aries

多少のストレスがあったって,ぶつぶつなんてできなかった・・と思う

何を乗り越えるより,その人といる幸せがまさるということがあるんだと思います。

幸福の真っただ中にいる人たちを見て,テンションが盛り返してきた今日この頃です。

パワーみなぎる恋を日常的な生活というものと両立させられることは,奇跡のようだと思います。最近,もうすぐそういう時期を迎えられた(る)みんな,本当に,おめでとうございます。

奇跡はいつかひょいっとあらわれるものだと信じて,

私はとりあえず,テンションのみあげていきたいと思います。

| | コメント (0)

おひブロ

しばらく時間を空けてしまいました。

のぞいてくださっていた方,いつもありがとう&ごめんなさいbearing

試験が終わって,約240人分の採点にとりかかり,ちょっと放置して旅行に行き,また採点をし,という感じの時間を過ごしておりました。

これで今年度もおわりですが,なんやかんや,次から次へとあった年でした。本来やるべきことが全然こなせなかった年でもありました。少なくとも延ばし延ばしにしている作業だけは今月!と思っているところです。

でも今はまだいろんな疲れで脱力中。

・・・・

時間があくと,その間色々ありすぎるから,何をどう書いていいのかわからなくなりますねsweat01

旅行は,4年生たちに呼んでもらっていったのですが,バリ島とボロブドゥールに行ってきました。

大学生活最後の大事な旅を共にするような存在として思ってもらっていることを嬉しく思いながら,いろいろなことを感じ,見てまいりました。

見たもので,特に感動したのはボロブドゥール寺院でした。

Cimg1807

煩悩の段階から仏様しか知らない世界まで,上に上るほど悟りの段階へと近づいていくのですが,その間,仏教の教えを掘ったレリーフや仏像がたっくさん置かれています。

雨の中,段差の大きい階段を一段ずつ踏みしめながら,日本語のうますぎる,Wエンジンまで仕入れている現地ガイドさんの説明を聞きながら,悟りの段階まで到達するのには1時間ほどかかりましたが,寺院として実際に使われていた当時はどのくらいの時間をかけて参拝されていたんでしょうね。

残念ながら,火山の噴火のため埋もれてしまっていたこの寺院,多くの仏様が破損していしまっていて,仏像の顔を拝みながら,念仏を唱えながら,上へと進んでいった当時の参拝者の行動を辿ることは難しかったのですが。

一番上の段にきた感想は,

はー やっぱり,悟りを開くのは並大抵の作業じゃないねぇwobbly

だったのですが,急な階段(しかも手すりが微妙にしかない),下りるのがもっと大変で

Cimg1797_2

煩悩の世界(一番下)に帰る途中,

堕落するのも結構大変だねぇ,

と言ったら,この日だけ一緒だった関東在住のお姉さんが大笑いしてました。

アマンジヲという高級ホテルの展望レストランから見下ろしながらランチをしたあと訪れたのですが,

セレブ達はそこのスイート(しかない)から,寺院をゆったりと見下ろして,人生を語るのだと思います。

セレブになれたらそうしたいですが,

なれずとも,この寺院,何かの節目にもう一度いきたいところです。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »