« 教育 | トップページ | スプリングズ »

おひブロ

しばらく時間を空けてしまいました。

のぞいてくださっていた方,いつもありがとう&ごめんなさいbearing

試験が終わって,約240人分の採点にとりかかり,ちょっと放置して旅行に行き,また採点をし,という感じの時間を過ごしておりました。

これで今年度もおわりですが,なんやかんや,次から次へとあった年でした。本来やるべきことが全然こなせなかった年でもありました。少なくとも延ばし延ばしにしている作業だけは今月!と思っているところです。

でも今はまだいろんな疲れで脱力中。

・・・・

時間があくと,その間色々ありすぎるから,何をどう書いていいのかわからなくなりますねsweat01

旅行は,4年生たちに呼んでもらっていったのですが,バリ島とボロブドゥールに行ってきました。

大学生活最後の大事な旅を共にするような存在として思ってもらっていることを嬉しく思いながら,いろいろなことを感じ,見てまいりました。

見たもので,特に感動したのはボロブドゥール寺院でした。

Cimg1807

煩悩の段階から仏様しか知らない世界まで,上に上るほど悟りの段階へと近づいていくのですが,その間,仏教の教えを掘ったレリーフや仏像がたっくさん置かれています。

雨の中,段差の大きい階段を一段ずつ踏みしめながら,日本語のうますぎる,Wエンジンまで仕入れている現地ガイドさんの説明を聞きながら,悟りの段階まで到達するのには1時間ほどかかりましたが,寺院として実際に使われていた当時はどのくらいの時間をかけて参拝されていたんでしょうね。

残念ながら,火山の噴火のため埋もれてしまっていたこの寺院,多くの仏様が破損していしまっていて,仏像の顔を拝みながら,念仏を唱えながら,上へと進んでいった当時の参拝者の行動を辿ることは難しかったのですが。

一番上の段にきた感想は,

はー やっぱり,悟りを開くのは並大抵の作業じゃないねぇwobbly

だったのですが,急な階段(しかも手すりが微妙にしかない),下りるのがもっと大変で

Cimg1797_2

煩悩の世界(一番下)に帰る途中,

堕落するのも結構大変だねぇ,

と言ったら,この日だけ一緒だった関東在住のお姉さんが大笑いしてました。

アマンジヲという高級ホテルの展望レストランから見下ろしながらランチをしたあと訪れたのですが,

セレブ達はそこのスイート(しかない)から,寺院をゆったりと見下ろして,人生を語るのだと思います。

セレブになれたらそうしたいですが,

なれずとも,この寺院,何かの節目にもう一度いきたいところです。

|

« 教育 | トップページ | スプリングズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教育 | トップページ | スプリングズ »