« くりびつ | トップページ | 想い »

世界一幸せ

・・・で,可愛い花嫁さんを見てきました。

あまりに可愛らしくて,挙式&披露宴の最中ずっと釘付けでしたheart01

花嫁さんになったのは,姉妹のように過ごしたこともある,大学時代からの友人です。

私は自分からあまり話さないので,大学院の帰り,一緒の電車になったりすると,「るみたん,○○って知ってる?」という切りだし方で,よくお話を聞かせてくれました。気を遣わせていると相手に思わせずに自然な気遣いのできる,とてもとてもいい子。

お相手は10年付き合った彼,一緒に短期留学しているときにも毎日のように電話していたね。

はじめて生で見た彼は,驚くほどしっかりした方で(最後のあいさつなんて,こんなのきいたことないぞ~という立派さでした),本当に同い年?と目を疑ってしまいましたが,7年の遠距離恋愛を乗り越えてのゴールインに,すごく納得もしました。

生まれ育ったおうちとの間に大きな葛藤を抱えていた彼女,直前の日記もあって,家族との絡みのたび,少しだけ,心配だったり,ご家族の表情が気になったりしたのですが,

立派に気持ちを伝えられて,ご家族もとても幸せそうでした。

旦那さんの上司の方が述べられた祝辞が,彼女の指導教官である故・H先生の口癖と重なって,とても印象に残っているのですが,

コミュニケーションはお互いの努力がなければ成り立たないもの,大変な時こそ重要なもの,だと思います。

長年当たり前に一緒にいて,わかっているつもり,わかられているつもりの存在,家族ってそんな存在になりがちです。

あえて伝え合おうと思わないから,なにか起こると,なんでこんなにわからず屋なんだと怒りを感じたり,感じられたり,時にののしり合ったり,冷戦になったり,してしまいます。

楽しい時に楽しいことを話したり聞いたり,愚痴りたい時に愚痴ったり愚痴られたり,そういうのは自然にできるけど,相互に分かり合うために会話って,難しいですよね。

上司さんの言葉は心に響いたけど,きちんとコミュニケーションをとろうとしてくれる,臆病な彼女をちゃんと促してくれる旦那さまで,二人はそういうことに意識・無意識に取り組んできて,ここにたどり着いたんだなと感じました。

新しい家族をもって,そこが幸せであることが何より。お忙しそうな旦那さまと自分は二の次の奥さんだから,健康にだけは気をつけて,末長くお幸せにね。

節目節目,生まれ育った家族にも,少しずつ変化があるといいね。固定した関係を変えていくのは難しいけど,結婚を通じても,何かしらの変化はあったのではないでしょうか。

Cimg2155これからも,いつも応援しているよ。

|

« くりびつ | トップページ | 想い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くりびつ | トップページ | 想い »