« 日祝休業 | トップページ | GWおわり »

Last note

全然終わらんぞ宿題!ということでトウヒです。

聴いているアルバムから連想してタイトルを付けたのですが、深い意味は・・・うまく説明できないかも。

スズランがきれいな季節です。披露宴で頂いたポンポンマム(菊)が枯れてしまった後、オアシスに活けられています。スズランの香りが好きで、研究室のルームフレグランスもスズランの香りが中心のやつなのですが、実物のにおいってそういえば覚えていなくて、嗅ぎました。まさにこれという香りで、フレグランスの再現力の凄さにかんぷくしてました。

宿題はやばいですが、創造力と手間を要する宿題なのでさらにやばいですが、明日は大切な予定を入れていて、雨だと思いますが、行ってきます。

2月末に亡くなった級友のお宅に伺ってきます。

私も一緒に行こうとしているのりべえもほとんど土日なく働いているので、結局、ようやく合わせられたのが明日、でした。これまで同性の友人が何組か尋ねていたようだし、お母様も働いておられるので、結果的に今というのは、妥当な時期なのかもしれません。

この2か月、私はただバタバタと、わけもわからず、過ごしてきました。出会った人、新しく知ったこと、こなした仕事は本当に数え切れないくらいにあって、本当に目の回るような2か月でした。

でも、止まってしまった時間もあります。

先日から、お焼香に伺ってもいいか、それを聞くために電話をかけていたのですが、数回目にようやく電話がつながって、お母様の声を聞いた時に、その事実を改めて知りました。

その瞬間、ご愁傷様です、という言葉があまりに軽く感じて、電話なのに、何も言えなくなりました。何か話すべきだったのか・・・弔電のお礼を言っていただいても、本当に何も言えなくて、時間のことだけを相談して、切りました。

本当は、お焼香に行くこと自体にも、すでにためらいを感じています。ご家族にとっては、大切な人の死に改めて直面させられることでもあります。何の準備もなく、別れの言葉もなく、逝ってしまった家族の死を、たった2ヶ月で、受け入れられているはずもありません。お葬式は、準備も大変で、イベントとしてどこか事務的に過ぎていってしまうものですが、今は・・・

偲んでくれる人がいるというのは嬉しいことでもあると、どこかでは思うのですが・・・・

私も、まだ現実のものとなっていない事実を、受け入れに行かねばなりません。

だからといって、受け入れず、向き合わないうちに、いい思い出のまま、生きている姿のまま・・・とは思わないけれど、

そういう考え方も一つかもしれないなんて、思ったりもしています。

|

« 日祝休業 | トップページ | GWおわり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日祝休業 | トップページ | GWおわり »