« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

残暑お見舞い

ずいぶんと日にちをあけてしまいました。

見てくださっていた方(いる?),ごめんなさい!!

お盆,満喫されましたか?

私は母が入院したりして,ばたばたすごしておりました。

母は,精密検査して,手術して,入院して,という流れで,思ったよりも順調に回復をしているので安心しているのですが,

両親ともに還暦を超えて,そろそろ,こういうこともあるのかな,なんて,考えていました。

ちょうど仕事に融通がきく時期で,お見舞いや家事をすることができましたが,これから離れる時が来たらどうするんだろう,なんて,少し不安に思います。

妹は病院勤務なのでお盆等の休みもなくて夜勤もあり,父は買ってくるのが精一杯,その人たちを家において病院に付き添っているわけにもいかず,でも私がいる場所によってはどちらにも行けないということにもなりうるわけですよね。

きょうだい全員が県から出てしまった友たちなんかもいますが,そういう場合は親をよび寄せるしかないのでしょうかね。

そんな生活を送りながら,今の仕事に対する適性についても考えていました。

家事と仕事をしていて,結構大変だったのですが,ふと思うのは,「あ,これが終わったら仕事もしなきゃいけない」ということでした。「この仕事が終わったら家事をやらなきゃいけない」ではなく。

究極的には個人プレー,創造的な仕事でもある大学の仕事に,私は本当に向いているのでしょうか。たまにわからなくなります。

仕事をしていて,とても楽しい瞬間は,組織の中で,誰かのイニシアチブにしたがって,「こうしたらここはもっとよくなる」「こうしたらこの仕事が発展する」「こうしたらこの人は仕事しやすくなる」ということを想像しながら,効果的に動けた瞬間です。

今の時代,どこの世界でもこういう人は望まれないのかもしれませんが,
しかも,言うほど器用ではないのでやっぱり適性はないのかもしれませんが,

こういう性格,志向性がもう少し生かされる場所がある気もします。

単なるわがままかな。

どっちの問題にしろ,本当の選択の時まで考え続け,合わせられるところまで自分を鍛え続けるしかないのですけれど。

悩ましいお盆でしたが,病院通いの運転と,畑の水やりのせいで,とっても健康的に焼けてます。

インフルエンザが怖い今日このごろですが,残暑健やかにお過ごしください。

| | コメント (0)

ぷよる週末

前期終了しました。
感慨深さもなくばたばたと。
これからポートフォリオの評価をして、後期に学生を一度集めて完全終了なので、一段落というところです。

そして今月は学会準備に追われます。研究時間0なのでやばさ満点です。逃げたくてたまらない感じです。高三の12月くらいやばいです。

ゆっくりとどこかに行きたい気分ですが、11月くらいまでは無理でしょうか。
11月には、また新しい何かが入っているんだろうな。


待遇面では恵まれない職場ですが、新しいことや大学教員としてチャレンジングな仕事、研究面での資源を提供してくれる点には満足しています。

後期はその資源を活用して生産していくシーズンとなります。
10代後半に思い描いたのとは全く違う未来に向かっていますが、自然な流れがこちらに向いていることを受けとめて、進んでいくしかないと今は思っています。

宝くじに当選したりとかあれば、いつでも軌道修正しますが…(´‐`)


週末は妹が買ってきたぷよぷよ7をひたすらやりました。

ぷよぷよが精一杯のレジャーな今日この頃です。


でも忙しそうと敬遠されるのも悲しい。身勝手ですね。

働きマンにはなれない多忙子は、みんなきっと同じような葛藤を抱えてるんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »