« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

お疲れ会

今日でやめられた仲良しの事務員さんに、サプライズのパーティを開きました。
最後までいろんな所に気を配ってくださった方でした。仕事でのお付き合いはなくなりますが、これからも遊んだりするのだろうなと自然と思えます。

色々恵まれない職ではありますが、確実に、人には恵まれていると思います。
居させてもらえなくなったときに、次の待ち手がいる人材になりたいと思いますが、基本、しばらくこのまま頑張ろうかなと思っています。


今日は美術館にあるレストランでコースを食べたのですが、お料理もとてもよかったです。ずっと食べたかったのに結婚式とかで全然出てくれなかったフォアグラにありつけ、さばのスモーク、鱸のトリュフソースに鹿。どれもおいしかったです。

明日から後期!頑張りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐち

議論するのはいいけど、自分の理論にこだわって、はじめの目的を忘れちゃってる議論はきらい。

教育の理念にこだわるとか。理念は大事だけど、それに対応する教育ができるかどうかのほうが、大事でない?
突き詰めすぎたって、同じ目のあらさでは実践できないでしょう?

ぷぷん。


朝まであとちょい(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日

33回目?昨日,父と母の結婚記念日でした。

二人とも被災者で,伊勢湾台風の次の日,と覚えているのだけど,

どちらかというと,父のほうがちゃんと覚えています。

が,今年は伊勢湾台風から50年という大きな節目にとらわれて,すっかり忘れていた,ということで,今日,父が母に記念日アラートをしていました。

遊び人かつ衝動統制のきかない人で,私は父のことをあまり尊敬していないし,父を父と呼んだこともほとんどないのですが,

母との関係を客観的に,娘としてでなく見ると,明らかに父のほうの愛情が強いように思いますし,そうか,それで二人,続いているんだなという納得があります。

記念日のこともそうだし,会話の始まり方も,終わり方も。

一番象徴的なのは,結婚指輪。男の人が外す例,両方外す例,ともに聞いたことがあるけど,うちの場合は,父がいまだに着けていて,母は10年以上前からしていません。

なんか,そんな様子が微笑ましく思います。

愛の何たるかもまだよくわかっていないし,夫婦として続いていける愛というのがどういうものなのかも,直接の経験からは見つけられていないのだけど,

個人的にはこういう,少なくとも一方が「これしかない」,と思っていて,もう一方が何となくそれを受け入れているような,不思議な結びつきがそれなんじゃないかと,ずっと思っています。

母はあんまり応えてないけど,父は結構幸せそうだもんな。どっちかというと父の立場に共感できるので,余計にそう思います。追っかけるほど素敵な人を見つけられているのも,追っかけ続けさせてもらえているのも,贅沢。

夫婦二人,これからも,仲良く(?)やっていってほしいと思います。

| | コメント (0)

努力

千秋楽を見てたのですが,

しっかりみている母によると,努力の人白鵬vs(今場所は気合入ってるみたいだけど)練習しない朝青龍という構図の場所だったそうで,

解説なんか聞いてても,こんなにあからさまに片方を応援してよいのかと思うくらい,白鵬へのエールが大きいんですよね。

努力は報われる,ということを,私たちは信じたいし,その信念があるから,転びつつもがんばろうと思うんだと思います。

でも,結果は朝青龍の勝ち。少し希望を見せてもらったので,努力信者にとってはまあまあ良い例だったのですが,やっぱり,そんなものかとも思います。

さかのぼって昨日,逃走中という番組がやっていて,

要は大規模な鬼ごっこをするのですが,

何もしなかった人が逃げ切り,自分を犠牲にして人を助けつつ頑張っていた人たちが破れていくという,

好ましくない結果に終わりました。

この例は極端な例で,また,努力VS非努力で非努力が勝つと,勝者のイメージが結局あんまり良くないという点で,本質的には努力が勝っているのかもしれないと思いますが,

頑張り度も能力もトントンなのに,どちらかだけどんどんうまくいく,みたいな例もたくさんあるわけで,

努力ってなんだろうと,時に考えてしまいます。

という私自身は努力家ではないので,不遇におかれても,当然のこと,何も恨めしく思わないのですが,

努力家人口は結構多く,大好きな人たちの中にも不遇な努力家がいるので,

努力が負けると,いちいち「ちっ」と悪態付いています。

私なんかに言われる筋合いないって感じですが。

運が後押してしているなぁと思う人たちは,太陽のようで,うむを言わせぬ勢いがあって,周りは見事に巻き込まれていて,私も,なんだかなぁ・・・とか,もしやいいように使われているのでは?なんてたまに思いつつ,それでもなんか憎めないというか,うらやましいというか,許してしまいつつ,付き合っています。

どっちかというと報われない人のほうを断然応援しているのだけど,そういう人たちは「孤高の努力家」って感じで,あまり手を出させてもらえないことが多い。

なんか,もどかしいです。

| | コメント (0)

フェチ

…をテーマにしたいという男子学生(三年)がいるのですが、今日が第一回目の発表ということで自由に話させることにしたら、ゼミが卑猥トーク祭りと化してしまいました 汗

性的な嗜好についての学問的な話は古くフロイトに始まって、決して「無い」テーマではないと思うのですが、

その彼の、犯罪や職業選択など意外と関係している領域が多い重要なテーマ、というのもまぁわからなくはないのですが、

うまく一般の人を対象とした研究にのせていくのは、なかなか難しそうだと感じました。
それた話で盛り上がってしまったのもそのせいで(母校ではありえない話)、特定のフェチを取り上げるのではなく一般化しなきゃいけませんし、ほかにも色々課題はありそうです。

なかなかキレる子なので、あとは力量に期待しようと思います。

四年生はひたすらお尻に火を点けて鞭打ってます。
三年当初は14人いましたが、1人留年、4人脱落で、卒論を書くのは9人になりそうです。
必修でないので毎年卒論を書かない子も相当数出る大学ですが、就職難の今年は他ゼミもかなり厳しいようです。

さてさて、
名古屋駅に天使のチョコリングがきていてゲットしました!楽しみ!
今日は月がとてもきれいですよー(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛秋

月に水があったんですってね!すご〜い。
かぐや姫もまんざら嘘じゃないかもしれません。

そういえば、竹中さんという友達を、母がかぐや姫と呼んでいたなぁとか、

月みたいな人、好きになっちゃダメよと言われたことがあったなぁとか、

月のエピソードがいくつか思い出されて、ますます秋を感じています。

私は春生まれでぼんやりしてるから、夏のような力強さは苦手だし、冬の冷たさもちょっと……
やっぱり春か、秋の少し哀愁めいたところが好きです。

お芋もすきだし。

あーぁ、と思うことがあっても、ほら、そういう時期だから、と思えば楽になりますよね。そんなところもいい。

毎年怠けがちになっていけない季節でもありますが、少し季節に浸りつつ、ちょっとだけ先を見据えて動ければと思います。

そろそろちゃんと勉強しておかないと、色んな意味で手遅れになるという思いももっています。危機感を感じてます。

人生、やり直しがきかないなんてことは絶対ないと思いますが、やり直しやすい時期はある程度決まっていそうだとも思います。
希望どおり進められることばかりではないけれど、基礎体力はつけておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れた

本調子にならないまま,2日間乗り切りました。

疲れがとれぬまま,今日から数日頭痛がする予定です。

働くということは,体の弱い部分や,周期で巡ってくる心身のぐらぐらのバランスと,真剣に向き合い,それでもそれを言い訳にはしないということなのだと思います。

明日も仕事です。

集中講義は通信のスクーリングで,講義に出てきた方の半数は主婦,仕事を持っている方もいて,妊娠中の方も1名いらっしゃいました。

緩やかな大学生活を送ってしまった私ですが,世の中には学ぶことにもかなり危機感を持って臨まれる人たちがいます。

今回は幼稚園教諭になることが目標の方々でしたが,学んでいる今ももちろん,めでたく資格を取られて職につかれても,ゆったりした生活にはならないのは目に見えています。あまり深くはお話しできませんでしたが,授業をしにいったのに,彼女らからいただくもののほうが多かったです。

私はそんな風にはなれなさそうだけど,ありがたい出会いでした。

でもやっぱり,

明日は行きたくないよぅ。あさってはまた知多だよぅ。・・・一週間の早いこと。

| | コメント (0)

かなし

自分で決めて、後悔はしないよう、来ているつもりだけど、
ぶっちゃけやり直したいことはたくさんあります。

体調悪いと色んなことがフラッシュバックしません?

大事な子には、同じ思いはさせたくないと思います。年を取ると説教臭くなるのはそういうことかぁ。


ところで今日行った大学、リアルにトイレの花子さんが出そうで恐かった( ̄д ̄)
近年稀に見るレトロさ。

花子さんなんて忘れてたのに思い出したくらい。

明日も行ってきます。
友達つれてトイレに行ったのはギャングエイジだったせいだけじゃないかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくりした

知多に非常勤に行って、そのまま尼崎に学会いって、あやのっちの家に寄って、昨日夜中に帰ってきました。充実したお休み(?)です。

でも最近ずっと変な感じがあって、けさからは特にひどくて、周期的なものかなと、いつもの薬を飲んだのですが、夜になったらいよいよ気分が悪くなって、久々に吐いてしまいました。


昔から、長期休みに体調を崩すくせがあったのですが、いやー…

全身痺れてきて死ぬかと…びっくりしました。

そんなにハードでもないのに、こんなんじゃいけませんね。

明日からは名古屋で集中講義です。乗り切らなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらくら

8月から勤務日が変わって金曜休みになったのですが,来週から金曜日は愛知で非常勤。

ということで,最後のホリデー,昼から遊びに行ってきました。

いつもながら同僚2人とです。

続きを読む "くらくら"

| | コメント (0)

花火

地元の駅を出て家に向けて歩き出したとたん,夜空に花火が上がりました。

そうそう,今日は,雨で延期されていた,近くの特養ホームの花火だったのです。

20分くらいでしょうか,短い時間でしたが,澄んだ秋の夜の花火,とてもとても,きれいでした。

花火の「火」もいいですが,夜空に響く音,あれが最高に好きです。虫の音と,星空をバックに,素敵な体験でした。

さて

今日は環境ISO学生委員会という,大学の学生組織を訪ねてきました。

続きを読む "花火"

| | コメント (0)

お山のてっぺん

おなかの調子をこわしました。

昨日,お寿司を食べようという直前ですよ。どうにもこうにも物を食す気になれなくなって,絶食・・・

ひと山越えて,疲れが出たのかな。最近夜涼しいから,おなか冷やしちゃったのかな。

おなかとの関係はよくわからないのですが,最近ちょっと疲れています。体じゃなくて心が。八月を走りきるまでは元気いっぱいだったのですが,急にしゅんとしてしまい,1週間たちます。

そんな矢先にある先生とお話しする機会がありました。一人で悩み始めるとどつぼにはまっていくこともあるので,ありがたかったです。そして,いつもじゃないけどそういう機会に恵まれるという巡りあわせ,人生捨てがたいなぁと思います。

話の内容は,結構込み入ったことだったのですが,感じたことを書いておこうと思います。

続きを読む "お山のてっぺん"

| | コメント (0)

秋のはじめ

Muscat またまた久しぶりとなってしまいました。

すっかり秋の陽気ですね。

みなさんいかがお過ごしですか?

私は相変わらず忙しい日々を過ごしております。

でも,夏休みの大学は,講義期間中よりもずっとゆったりしています。学生はたくさんいますけど,チャイムに追われない生活はうれしいです。

学生時代には知らなかったのですが,教職員対象に農場が「売り払い」というのをやっていて,おいしい梨やらマスカットやらをお得に分けてくれます。これがね,「もぎたて」って感じでほんとにおいしいんです。試食もさせてくれます。

画像はマスカットです。

そうそう,先週は京都に行ってきました。なんか,自分に直面する旅でしたcoldsweats01

仲良くさせてもらっている同僚Fさんと,学会の合間をぬって清水寺に行ってきたのですが,

胎内めぐり って知ってますか?

100円払って,菩薩さんの胎内(お堂の下)を歩くのですが,

これ,すごかったです。
え?なんで?っていうくらいに暗いんですよ。何も見えない。周りどころか自分も見えない。手すりになっているお数珠を持ちながら進みます。

進む・・・のですが,私はお数珠だけでは怖くて全く身動きできなくなってしまい,同僚の背中を触りながら,わーわーわめきながら,進んでいきました。

途中で一瞬だけ光がみえて,そこで生まれ変わるんだそうですが,生まれ変わるというよりは,一人では生きていけないことを痛感した感じ。

http://www.kiyomizudera.or.jp/tainai.html

清水では,2年前に凶を2回連続でひいていて,

Fさんにその話をしたら,「それはひいてみないと!」と二人で引くことに。

このフリからだいたい想像できると思いますが・・・

結果は何と「凶」・・・

「お参りしてからもう一回,ひいてみよー」という勧めにのせられて,2度目。

やっぱり「凶」。ど~ん(そういえば2年前もそういう感じで2度目を引いたのでした)

清水の観音様にすれば「だから凶だって」って感じでしょうか。すみません。

Cimg3230r

・・・どんどんネガティブになる私に,Fさんは大ウケ,
後日,仲良くさせてもらっている事務Oさんの旦那さん(教育学部の先生)には「それはある意味すごいことだよ」といわれ,

なんかみんな楽しそうですが,

私,たぶん楽しくない・・・・

でも,後日,結ぶ場所がなくて三重に持ち帰ってしまった2つ目の凶を指に結んで回していたら,「わかったわかった,一緒に行こう」と結び付けに付き合ってくれた同僚たち。

いい人たちです。

「でもさ,心理学者が神頼みで右往左往してちゃいけないんじゃ・・・」

ともいわれましたが,

してしまうんだもの。

科学では説明できないもの,それが神様仏様です。

自律心と相関するのかもしれないけど・・・

あんまり突っ込まずににそばにいてくれる人が好き。

なんて。

でも,神社とかお寺とか,何かきっかけをくれる気がしませんか。

清水の胎内めぐりとおみくじ,機会があればぜひ,やってみてくださいな。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »