« お山のてっぺん | トップページ | くらくら »

花火

地元の駅を出て家に向けて歩き出したとたん,夜空に花火が上がりました。

そうそう,今日は,雨で延期されていた,近くの特養ホームの花火だったのです。

20分くらいでしょうか,短い時間でしたが,澄んだ秋の夜の花火,とてもとても,きれいでした。

花火の「火」もいいですが,夜空に響く音,あれが最高に好きです。虫の音と,星空をバックに,素敵な体験でした。

さて

今日は環境ISO学生委員会という,大学の学生組織を訪ねてきました。

前期の間,学生たちが色々なところにインタビューに出かけたのですが,そのお礼回りの一環でした。

大学を牽引しているような学生組織なので,政治家っぽい子らが出てくるのかなぁと思いきや,めちゃめちゃ腰の低い子らで,びっくりでした。

私は,自分が見聞きし,触れた世界しか,語られた内容からしか現実をみない(みれない)性分で,たまに大人の世界,大人の事情にぶちあたって,大きなショックを受けたりします。

多くの人はすんなり大人になるようなので,私の思う理屈と実際の問題は違うかもしれませんが,教職員や一部の組織と学生のかい離というか,大学ってよくわかんない場所,という感覚は,コミュニケーション不足から来ているんじゃないかと思っています。

理由はどうあれ,かい離という現実は事実で,それを何とかしないと,FDとかSDとかいう改善活動は,うまくいかないのではないか,とも思います。

担当している授業は,全授業完全オープンでやっているので,委員会の学生さんたちとは,ぜひぜひ授業にきて活動の紹介をしてください,というお願いと,「願ってもない!」という回答を交わして別れました。

学生同士がつながり,組織や教職員と自然にやりとりし,という,大学全体での交流が生まれるといいなと思います。

運営側の意図はよくわかりませんが,私自身は,知らぬ存ぜぬのない,健康なコミュニケーションの気流を作りたい,と思って仕事をしています。

今のところ,研究は進まないどころか,全く関係ないところにいますが,大学で「先生」をしたいと思っていた自分には,合っているのかなと。

実際の敵は手ごわいというか,なかなか伝わらない学生さんも多くて手を焼きますが,よい学生さんと出会えたり,新しい交流が生まれていることを感じると,とてもうれしいです。

そろそろ後期の香りも漂ってきますが,無理せずマイペースで,自分の考えをもって,進んでいきたいと思います。

|

« お山のてっぺん | トップページ | くらくら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お山のてっぺん | トップページ | くらくら »