« 新年度 | トップページ | かぜひきGW »

授業開始

春なのに、なかなか暖かくなりませんね。
1週目から、風邪をひきかけました。

新入生も、春らしい恰好だから、風邪引きそう。10年前の、自分の時を思い出しても、春服しかなくて寒かったなぁと思います。今年は「真冬並み」とかだから大変。

今年も400名ほどの学生とであいました。
まだ、全然顔が覚えられていませんが、全体的に素直で活発な印象です。私も少し余裕ができたのか、昨年よりは全体を見れている気がします。

全学部の全1年生にグループ活動をやらせる、というのは、かなり大変なことではあります。人間関係が苦手な人もいますし、グループでやるよりひとりでやった方がよい、と思っている人も多いと思います。

実際、グループで活動すると、放っておけば、フリーライダーが生じたりして、一部の人、たとえば、責任感が強くて、能力があって、でもグループを巻き込んで動かすようなリーダーシップは持ち合わせていないというような人が、”被害者”のようになってしまいます。それを生じさせないように、環境づくり、意識づくりをするのが教員、というか、授業開発者の仕事です。

アフォーダンスという言葉があります。環境が動物に与える意味のこと、と言えばよいでしょうか。たんすの取っ手をみると手にとって引き出したくなる、というように、環境自体が行動を引き出したりしている、という考え方に基づいて出てきた言葉です。

授業づくりはまさに、アフォーダンスを用意することかと思います。その場で何を考えてほしいのか、何を獲得してほしいのか、どんな活動を行ってほしいのか、ということを、言葉による教示だけではなく、机の配置やワークシート、教員の立ち位置などから総合的に伝えていく活動を行います。何を伝えるかというメッセージの内容だけでなく、どのような体験を通してどのように伝えていくのかという、デザインがものすごく重要となるわけです。

教えるという立場にいると、とかく「自分に何ができるか」「何が伝えられるか」ということを考えがちですが、学びの場の一部として自分をどうデザインするか、ということに注目しながら、今年は授業を行って行ければと思っています。

風邪をひかないよう、睡眠不足にならないよう気をつけて、半期を楽しもうと思います。

|

« 新年度 | トップページ | かぜひきGW »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年度 | トップページ | かぜひきGW »