« イベント終わる | トップページ | だらだら »

面白くない

確定申告の計算が終わりました。
あとは封筒作って、源泉徴収票とかもろもろを貼り付けて、印鑑を押して投函、というプロセスです。

もう4回くらいやっていますが、何回やってもわからないものです。いろんなパターンの人に対応するように書いてあるからでしょうけれど、自分に対応するのがどれなのかを読み取るだけでまず疲れます。
税理士さんとかすごいですね。

本務校以外からの収入が20万円以下の場合は必要ないと読み取れましたが、正しいのでしょうかね。
今年は半期まるごとの非常勤先がなくなって、それには至っていないので、正直必要ないのかもしれません。

ただ、寄付金控除を受けようとすると、基準に該当しなくても、出さなきゃいけないんですよね?!(正確にはよくわかりません)

私の場合、計算したところ、寄付金控除を含めて考えると、数千円の戻りがあるようです。それをプラスしてまた義捐金を出すことを考えると、やっておいたほうがよいのかなとか、いや、権利がないのかな、とか。

あ~ そういうのを含めて疲れました。ええいもういいや、出しちゃえ、というのが今の状態です。

以前よくわからずにミスした際には税務署の方で正確な額を教えてくれたので、きっとなんとかなるでしょう。

さて、表題ですが。

最近ずっと感じていることです。

私、面白くない。面白みのない人間すぎます。

人を笑わせる必要はないですが、人間的にどうなんだろうと思います。とくに30代以上に入る人間として、これじゃいかんと思い、落ち込んでいます。


個人的にはいけてる40歳だと思うある先生が、「妻に、あんたホント面白くないよねといわれた」とおっしゃっていて、私なんかケタ違いに面白くないよな、と実感してしまいました。

面白くない奴同士が話すので全く展望は見えませんが、つまるところ、「誰かがやらねばならない」「やっておいたほうがよいだろう」という仕事ばかりをし、疲れ、休みの日もこれといった過ごし方がなく、楽しみといえばファッションと食事くらいなのが、先生と私の共通点。

ファッションだって、あるレベル以上は自分の生きている世界には合わないわけで。。。また、よいモノというのは、基本的に機能面に優れ、長く愛用できるので、何年もかけて集めたモノたちで、すでに必要十分という印象があります。
例えばマノロブラニクで出勤する意味は全くなく、出勤するにしたって、シンプルなパンプスを1足持っていれば、直しながら長くはけてしまう。

田口ランディじゃないですが、消費すら快楽じゃなくなった私は、どこへいけばよいんでしょうか。


・・・・という発想自体が面白くないんですよね。書き出せば、いつもどこか限定した思考をしているのがよくわかる。

凝り固まった発想を開放したい。自由になりたい。

もやもやしてきたのでGoogleの画像検索で「自由」と入れてみたら、
出てきたのは自由の女神とドラクロワと鳥と開放的な姿をした人々(裸とか飛び跳ねるとか)。。。

でも、アメリカにいったって、革命おこしたって、裸になったって、空飛んだって、私のほしい自由は手に入らない。

自由になりたいです。

とりあえず思いつく中で一番面白い子と話してみようかと思ってます。

その子はどう返してくれるだろうか。

|

« イベント終わる | トップページ | だらだら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベント終わる | トップページ | だらだら »