« そして夜 | トップページ | nagoya »

決意

仕事終わりの友人を名古屋から呼びつけた上、ひたすら話を聞いてもらってきました。

こっちがオモシロ話、きくつもりだったのにな。本当にすみません&ありがとうございました。

で、早速禁止中の「過去にさかのぼる」話をしまくってしまいました。。なんかまだ反すうしてて、なんとかしたかったの>< アドバイスくれたのにごめん!でもこれでもう、禁止にしたいと思います。


何度か、話してみると、あかんなぁとはっきりと気付きます。過去の話って、救いがないもんね。結果出ちゃってるし。教訓が得られるかも考えてみるけど、本当に重要なことは、振り返ったり学ぼうとしたりしなくても、教訓として身体に染みつくもの。結局、残りかすみたいな記憶しかないんだと思う。


あと気付いたのは、私暇なんやなということでした。そういうことかもしれない。世の中の同年代はもっとがむしゃらに働いたり、生活してると思う。私は暇だから、あれやこれや思い悩むのかもしれない。


話を聞いてくれた子には、ひとこと、「オーラがない」といわれてしまいました。。もともとそんなのはないけど、25歳の私にはもっと内面から出てくる何かがあったのだそう。そうかもしれませんね。自分に自信があったわけでもないけれど、日々やっていることにコミットして、楽しんでいたと思う。

今は、一言でいうと、現実感がない。仕事は、チームとしてそれなりの成果は上がっていると言えると思うけど、自分に関連するもののようには思えない。それでいいような気もするし、いけない気もするし、自分の置き場がない。

プライベートは、実のつまった想いほど、透明人間のようにすりぬけていってしまう。適当な話には適当に答えられるのに。重みのある言葉をもらうことは、喜ばしい出来事だということはわかるのだけれど、同じ重みの言葉で答えられる気がしない。これは間違いなくよくないことだと思う。


こういうの、拡散って言うんだろうな。

ただ、過去と比べて悪くなったとも一概に言えないのかも。。と励まされながら思いました。
強気で明るくいられたときは、こういう場所だけでこそこそバランスとっていたものな。
今は、特定の人の前では弱い自分をある程度さらけ出している。それは、弱くなったということなのか、強くなったということなのか。

正解は多分、この問いを横に置きながら、前に進んでいくということなのだと思う。それだけは間違いないと思ったし、自分のためにもそうしたいと思います。


|

« そして夜 | トップページ | nagoya »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして夜 | トップページ | nagoya »