« 奇跡的に | トップページ | XX0 »

みそじ

なっちゃいました。30歳!
ドーミーインで仕事しながら迎える誕生日。なんだか感慨深いです。
お祝いに温泉はいってマッサージしちゃおうかしら。

ホワイトデーということもあり、センター長がお返し&誕生日祝いで六盛というお店に連れて行ってくださいました。センター長はそこまで車を走らせてくれ、食べ終わると三重に帰られるというものすごい贅沢・・・ありがとうございました。

今、自分を見失ってしまっていますが、いろんな方に祝っていただき、男子に花束を贈られるというもったいない経験もし、学会では改めて、この世界(今いる世界とはちょっと違うけど)でがんばりたいなと思い、

思えばよい人たちに恵まれているんだなということや、そういえば研究費にも恵まれていると気づいた(1年分は半額ほど繰り越しました・・すみません)ところから、30歳が始まったのだと思います。心の立て直しには少し時間がかかりそうですが、少しずつ、30代の人生を歩み始められればと思います。

そのなかで、プライベートでも、新たな一歩を歩めればと思います。

25歳の私は、年齢の数字だけを気にして人生の道筋を考えていた気がします。
そこから、いくつかの出会いに恵まれ、翻弄もされ、希望とは裏腹にまだ決定できない、したくないとも思うようになり、最近に至っています。

果ては、何でみんな結婚なんかするんだろうということまで考え始め、社会的生物としての焼きが回った気さえしましたが、最近は少し違う視点から、物事を考え始めるようになりました。

仕事の面での人生も、生活という意味での人生も、自分の立ち位置と、他者(社会)に対して自分が何をできるかという2点から、決まってくるのかもしれないと。

「君のためにこうしたい」といってくれる人に対して、なぜ私なんかにそこまで考えられるのかと、疑問で仕方ありませんでしたが、彼らはその発達段階に至っていたのだなと、今は理解できます。身近にいる大事な人に、何ができるんだろうというところから、人生を考えていきたいと思います。

ご飯を食べるのも走るのも仕事をするのも、大変どんくさい私なので、おそらく、人生の選択も、大変どんくさく行っていくのだと思っています。

どうか気長に、見守っていただけるとうれしいです。

|

« 奇跡的に | トップページ | XX0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇跡的に | トップページ | XX0 »