« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

飛び石連休

突入しましたね!!

がんっと取れた方、いいなぁ~ 私は3+4日です。


でもでも、遊ばなきゃ、ということで。


昨日は奈良までいってきました。

名阪、こわかったー。坂道では120kmとか普通に皆出しちゃってて、運転しててもスピード出てる感じがしないんだもの・・・

家から目的地の春日大社付近まで2時間でした。最初4時着ってナビに出てたのに、2時過ぎにはついちゃいました。


続きを読む "飛び石連休"

| | コメント (0)

知ってそうな顔

ふぐ美味しかった
四日市のよく行く店もおいしいですが、上品さが違いました。お寿司は初めてでした
 
久しぶりの栄だったので、いく前にデパートのマップを見て、栄にしかない店をのぞこうと、その時見つけたH&Mにターゲットを決めてむかったのですが、
 
なんと今日オープンだったんですね間違ってもちらりのぞけるような状況ではなく(外に行列でした)、おかげで少し時間をもてあましました
 
 
ところで、出かけると大体声をかけられるのですが、今日は地元でタケノコおばさんのあと、地下鉄で隣の席に座った南米系の人に道を聞かれました。
 
三越の出口はどこですか?と聞かれ、私もパン屋に寄る予定があったので、出口はわかりませんが、ご一緒しましょうと、(半分以上日本語で)会話しながら、しばらく行動を共にしました。
 
声をかけられることには慣れてますが、外人さんだったのでちょっと緊張しました
 
 
片言の日本語と英語のうち、私が理解できたところによると、ライオン(三越のアレ)で奥さんが待っていて、これから2人でUNIQLOに行く予定で、(中略)奥さんはとても美人なのだけど、ものすごく怖いと…
 
 
ついていって良いんだろうかと思いながら、結局ライオンまで行ったところ、見るからに怖い人が待っていて、何にも悪いことしていないのに、旦那さんともどもにらみつけられました
 
客観的には修羅場だったと思う。通行人が見てたし
 
道を聞かれて、行き先が同じだったのでご一緒しました
なんて、無駄に明るく説明する始末
 
そうですか、ありがとう、じゃ。
と、テープで吊り上げて固定したような眼の美人奥様に、抑揚のない声でいわれて、2人は去っていきました。
 
外人さんは私にはわからない早口の英語で怒られてました。くわばらくわばら。
 
 
しっかし、何なんでしょうね。通勤中はともかく、ちょっと1人で出かけると必ず人に声をかけられます。
 
道を聞かれる、商品を見せながらこれでよさそうか聞かれる、行き先にそれ(トイレとか)がありそうか聞かれる、などなど。
 
知ってそうですか?私。
 

| | コメント (2)

タケノコおばさん

駅の地下通路を通っていたら、二人のおばさんが麻袋を引きずって歩いていて、もしやと思いながら見ていたら、振り返って
 
「タケノコ、もってく
 
やっぱり!
 
採りたてのタケノコ、すごい欲しかったけど、電車にのらなきゃだったので、断念しました
残念です…といったら、またあったらねって〓おばちゃん、また採りに行ってね
 
春ですねぇ。
 
先週は真夜中の花見に行ってきました。ご飯食べたら10時で、ライトアップが消えちゃってて、足元も見えないくらいの花見 (笑)
眼が慣れてくるとうっすら見えて、きれいでした。
あちこちから、男ばかりの集団という感じの声が聞こえてきたのもご愛嬌でした。
 
今日は三月の学会の報告会と打ち上げです。大して準備していない準備委員ですが、お言葉に甘えて春の福(ふぐ)をいただいてきます

| | コメント (0)

自分なりの生き方

ちょっとグラグラしていた時、

自由に生きている感じの人に注目して、話をしてみたり、観察してみたり。


学ぶところは多く、物事の考え方、割り切り方、人の見方、自分への責任の課し方、今後に生かしたいと思いました。


一方で、人それぞれ違う場所で、私から見れば自暴自棄というか、本来そこを守るのが社会的には適応的なのでは・・・・というところでも守りに入っていなくて、少し危うい印象も受けました。

私自身が保守的すぎるということなのかもしれませんが、究極のところ、この人たちの完全な真似はできないなという結論に行きつきました。

人は人の生き方を真似できない。

オンリーワンってのもちょっと違う。ただ、流されている川がちょっと違うくらいのことなのだと思います。

| | コメント (0)

はじまり

前期開始。
来週で、一年から四年全員の約3分の1と出会ったことになります。

着実に進んでいることはあるのだと思いますが、教育、研究、プライベートともども、年度代わりにゼロ地点に戻った感覚です。昨年度停滞していたのを動かそうとしているからかな。

毎年学生に自己紹介をします。昨年はコンビナートの夜景がおすすめ、と言った気がしますが、今年は好きな言葉を伝えることにしました。

人間万事塞翁が馬

ありきたりですが、これにつきます。一年のみんなもある意味ゼロ地点。受け入れて、もがいて、マッチョな思考と心を手に入れてほしいと思います。

| | コメント (0)

自己愛過剰社会

おっついていない研究の動向を知るために購入しましたが、読み物として面白いです。

ストーリー先行なところがあるので、そこを埋めるのが研究かなと、特に「治療法」に関しては思いました。
遅れておらず、研究の余地ありということで、ちょっとホッとしたり。


alibrisだと1000円切る値段で買えます(http://www.alibris.com/booksearch?keyword=narcissism+epidemic&mtype=B&hs.x=0&hs.y=0&hs=Submit)。
翻訳版はちょっと高いけど、さらっと読めます。

セックスアンドザシティ、Facebookは自己愛文化の境地というような主張があります。
納得もしますが、ともにビジネスと関連付けると、乗らないわけにいかないというところでしょうか。

どちらにもあまり関心がありませんが、とりあえず観察できる距離にはいたほうがいいかなと思います。

| | コメント (0)

シャンプー

中学生のころから、頭皮の荒れに悩まされていて、シャンプーには気を使ってきたので、

Yahoo!Japanのトップページに、

「人気のシャンプーランキング」という文字をみて、思わずクリックdownshine

スカルプD、男女用とも売れてるんですねぇ。

良いんですかね。でも高い!!めっちゃ!女性用なんて、350mlで4000円くらいするの。。。

びっくり。


ノンシリコン(ジメチコン無配合)は常識になりましたね。
美容師さんいわく、シリコンにもグレードがあったり、ヘアパックやマスクには含まれているものだったり(結局つやを出すためのものなので)、天然オイル系も意外と髪に蓄積されて厄介だったり、単純にどの成分がダメ、といえるものでもなさそうですが。ただ、根元につやだしのワックス的な成分が蓄積されると、毛穴がつまって抜け毛が増えたり、べったりしたり、良くないというのは事実のようです。


私ははじめ、皮膚科で扱っていた資生堂の「2e(ドゥ―エ)」を使っていましたが、単にノンシリコンだときしむので、使用感はあまりよくなかったです。とにかくさっぱり洗い上げてくれるので、Tsubaki的な(シリコンとか色々いり)シャンプーと交互に使うと、一日おきにリセットされる感じもしてましたが。これは350mlで1500円くらい。

美容院でも色々すすめてもらい、色々試した結果、今落ち着いているのが
Demiのカームリーウォッシュです。(http://item.rakuten.co.jp/nakano-d/rhseas-cw250/)
カームリーウォッシュは洗浄力弱めなので、普通の頭皮の方はヘアシーズンズの別の商品がおすすめです。

これはシャンプーオンリーでもきしまない。
いまや800mlのサロンサイズをでーんと買って専用ポンプで使っています。これで3000円くらい。

これで必要十分ですが、スカルプD、どんなすごいんだろ。

毛が生えるとか???


| | コメント (0)

舞い込む

そういえば先日の話。

2TBが舞い込みました 笑

別ルートでひょっこりと。


これでダイレクト転送はできるようになりましたが、

部屋には計5TB

いったい何を撮りましょうか。。


| | コメント (0)

4月

なっちゃった~

いよいよ新年度ですね。4年目の新年度。


昨年度は、外的にも内面的にも色々考えることがありましたが、
結局4年目を迎えることを決めたのは私なんだと割り切りつつ、
このままでもいけないという気持ちになって今に至ります。

具体的には、向上心を持って仕事をしなければならないということを強く感じました。
若手が色々細かいことをやらなければならないというのは当たり前のことで、そういうことを当たり前に引き受けつつ、それが今後のどんなことにつながるのか、それを考えながら励みたいと思います。
少なくとも、全く将来につながらないことをやらされているということがない環境に、感謝しながら働きたいと思っています。

いつも周りのことを気にして、周りについていってという性格なので、周りにいる誰かのどこかにその気持ちとのギャップを感じるたび、不安とか、いらだちとか、感じてしまっていましたが、
実際のところ、ある人の言動の背景にある本心とか、仕事への熱意なんて、わからないものだとようやく思えてきました。私は私として、仕事を進めていければ良いなと思います。

続きを読む "4月"

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »