グルメ・クッキング

うますぎる栗菓子(2)

グラマシーニューヨークの「利平栗のモンブラン」を待ちわびる今日この頃、

先日名古屋高島屋に行ったときに、ふと、和菓子屋さんの栗菓子を見てみようというつもりになって、クラブハリエのバウムクーヘンでも知られる滋賀発の「たねや」に立ち寄ってみました。

栗菓子の定番、栗きんとんはもちろんあったのですが、となりに「栗月下」という何とも上品な包みのお菓子があって、試しに購入。

1本2310円だったか、書いてあったのですが、「これください」というと、お店のお姉さんが「(桐の)箱なしだと随分お得になりますよ」と教えてくれて、箱なしで購入。なんと1000円ほどでした。

それを今日食べたのですが、

・・・・・利平栗モンブラン以来の衝撃でした。

まさに栗そのもの。簡単にいえば栗きんとんを棒状にした感じなのですが、甘さがとても上品で、口当たりも滑らかです。見た目は羊羹のようですが、全くもって羊羹ではありません。

そしてお得。

栗好きの方は、ぜひ。

贈答品としても喜ばれそう。

http://taneya.jp/okashi/kisetsu_kurigekka.html

| | コメント (2)

うちの母,ひじきが大の苦手で,家では全く出てきません。

私は海藻類は何でも大好きなのですが,ひじきは,旅館や市販のお弁当に入っている特別なメニュー,という位置づけでした。

旅館の朝食で見当たらないと,少しがっかりします。

そして,1人暮らしをして,お料理を作るという経験をして,自分で作れるっていいなぁ,と初めて感じたのが,豆ひじきでした。

最近作っていませんでしたが,今日,母が生のひじきを買ってきてくれて,久しぶりに作ってみることにしました。

しかしもともと食べる気のない母,何が必要なのか知らず,豆の水煮がありません。

探してみると,生の大豆があったので,それを水煮にすることにしました。

こっちは初体験だったのですが・・・

これが驚くほど簡単!

どこかで聞いたことがある気がして,お湯を沸かし,大豆を入れたボウルにひたひたにし,保温のきく鍋にボウルごと入れ,3時間ほど放置してみたところ,

すごい柔らかくなってます!指で押すと,ぷにっぷにっとなる程度にまで柔らかくなりました。

一応,圧力なべで1分ほど*加熱して,水「煮」にしたのですが,そのまま炒めてひじきとからめちゃってもいいくらいでした

*私は固めのお豆が好きなので,このような感想です。やわらかめの好きな人は,3分くらい加熱したほうがいいかと思います。

水じゃなくて,アツアツのお湯に浸しておくのが最大のポイントです。

こう簡単だと,

あらゆる豆を水煮にしたくなってきますfullmoonshine

ひよこ豆でカレーとか,そんなのもいいね。

そういえば魔法瓶にお湯入れてつけておくとか,ポットに入れておくとか,そういうやり方もあると聞いたことがありました。

豆好きさん,ひじき好きさん,ぜひやってみておくんなまし。

| | コメント (0)

ご飯のおともパスタ

Photo

”ご飯のお供”とパスタって意外と合います。

明太子はもちろんですが,シシャモの卵とか塩昆布とか,バターしょうゆと絡めれば,和風パスタの出来上がりです。

今日はおかかと味付きちりめんじゃこで。

引き出物等々で花かつおパックがたくさんあるのですが,出汁には出汁用の細かい鰹節を使うし,お雑煮とかには大きめの鰹節を使うので,お浸しくらいにしか使いません。パスタに入れればパック単位で一気に使えちゃうのでいい感じです。

おかかとじゃこと水菜のパスタ

多めのバター,お醤油は味を見ながら。

お試しあれ。

| | コメント (0)

クリスマスディナー

昨日,一昨日とホームパーティ(?)にお呼ばれしてきました。みんなで食べる食事は格段においしい!特にお手製の料理に囲まれる幸せ,この上ないです。どちらも楽しかった~happy02

今日はうってかわってひとりディナーでした。

本当は実家に帰る予定だったのが,色々やることができてしまい,予定は取り消し。2日間遊んでおいてもういいでしょという感じですが,クリスマスだし,変な雨が降ってるし,傘持ってないし,ちょっとさみしい帰り道でした。

このままさびしく晩御飯・・・かと思いきや!

途中雨が少し強くなり,サークルKを通りかかったときから,急に気分が変わってきたのです。

そう,一人クリスマス,初めてなんです。こんなの1人暮らしでしかできない!!こんなチャンスもうないかも!!なんて思ったら,ワクワクしてきちゃって,

550円のスパークリングワイン(超ミニボトル)と予想よりおいしくて気に入っているシェリエドルチェのデザート(250円)を買って,張り切って帰ってきました。

家にはオテルオークラのパンプキンスープ缶も!パーティに持っていったキッシュの残り(パイシートの端切れで作ったミニキッシュ)も冷蔵庫に!

この恵まれた環境にさらにボルテージが上がり,ポークステーキを焼いて,豪華ディナー,完成です。

Img527

ポークステーキの下にはじゃがいもをほそ~く切ってバターで焼き固めたアレ(なんて言うんだっけ)を作って敷いてあります。

ステーキのほうは,塩コショウだけで行こうかと思ったのだけど,ジャガイモのそれが塩コショウなので,一緒もつまらない・・・

思い立って,赤ワインとアプリコットソース(by無印)を合わせた甘いソースで煮詰めることにしました。

ここ数年全くといっていいほど飲まないので,200mlで完全に酔っぱらってしまいましたが,なかなかよい経験でした。ステーキは,それだけだと少し甘めですが,赤ワインですごく柔らかくなっているし,じゃがいもと食べると味のバランスがとてもよくなっておいしいです。お肉の前にサクッとくる食感も悪くないですよ~。

| | コメント (0)

冷凍庫のおそうじ

冷凍庫のおそうじ
冷凍野菜の定番、ブロッコリーとインゲン、

冷凍庫に常備するようにしているカニカマとちりめんじゃこ、

これらを処分するためにつくったものです。

ブロッコリーはシーチキン(かつお、半量)、じゃこ、カニカマとともに、ほんの少しのバジルペースト、お醤油、お塩で味付けしてオリーブオイルで炒め、和風イタリアンにしました。

残っていたものをいれただけなんだけど、シーチキンとちりめんじゃことバジルペーストが良い味を出して、少し主張の少ないオイルサーディンのような感じになりました。


インゲンは砂肝と春雨と一緒に、酒と醤油と水、少しのみりんで味付けて、卵でとじています。

どちらも中火から強火で、準備から10分で完成します。インゲンと砂肝の卵綴じの方は、火を止めてしばらくで味が入りますので、少しだけ、置いておくと良いと思います。

いよいよ冷凍庫がすっきりしてきました。

| | コメント (0)

待ちに待った!!

待ちに待った!!
今年もやってきました!

利平栗のモンブラン@グラマシーニューヨーク!!

かなり大きいので家族でわけわけしてたべます。
3つで約2700円!高!!

でも、一度食べてみる価値がある味です。
我が家はこのモンブランのおかげで、ほかのモンブランに何の感情も抱かなくなりました。

さっそく報告したら、浮かれたメールが返ってきています。

はやる気持ちで近鉄に乗ってます。

これからしばらく販売するはずですので、是非一度お試しあれ。栗きんとんに近い、濃厚な栗の味がします。

(画像、ちょうど詰めてもらってるときのなので、奥がびよんってなっちゃいました)

| | コメント (0)

豚ロースステーキの色々

1年ほど前から,実家が,直売の豚肉を定期的に買うようになったので,実家に帰ると,豚肉を3種類ずつくらい,もらってきます。

そして,一か月に2枚は,豚ロース肉を食べています。

新鮮なおいしい豚肉なので,塩コショウをして焼くだけで,それはそれはおいしいのですが,

2週間に一回同じものを食べているのにも飽きるので,いろいろと食べ方を工夫しています。

◇カポナータ風野菜のせ

夏は, ラタトゥユを作ってのっけて食べるのにハマりました。ある日,ラタトゥユだけでは何となく物足りなかったので,試しにバルサミコ酢をかけてみようとして,少しだけのつもりがドバッと(ポン酢をかけるように)かかってしまいました。

Img300それが特においしくて,4~5回はリピートしたでしょうか。

あとで知ったところによると,ラタトゥユのような材料で酢(バルサミコやワインビネガー)を加えて作るものを,カポナータといい,イタリアンなんだそうです。私の場合は,「加える」というより「かける」なので,ちょっと違いますが。

実家にも紹介しましたが,酸っぱいのが好きな母が特に気に入っていました。脂っこい豚をさっぱり食べられるので夏メニューとしてお勧めです。

◇リンゴソース

豚と言えばリンゴです。オーストラリアにホームステイしたときに,ホストマザーのSueが,おいしいリンゴのソースを作ってくれたのが,とても印象に残っています。ちなみに,鶏と言えばオレンジです。

秋以降は,リンゴのソースもお勧めです。

本当は,玉ねぎやらセロリやらをじっくりと飴いろに炒め,お砂糖や蜂蜜で甘みを加え,ワインとチキンブイヨンを入れたものに,すりおろしリンゴ・ローリエ・にんにく・塩などを合わせて,最後に濾して出来上がるのですが,

セロリは買わないので,塩の代りにセロリの風味が入っているクレイジーソルト(お気に入り調味料のひとつ)を入れて作ります。

ちょっと甘めですが,これもおいしいです。

◇梅おろしポン酢のソース

相変わらずかつお梅があるので,秋冬の常備野菜,大根と合わせてさっぱりいただこうと,最近作ったものです。

梅は種を取ってつぶして,大根おろしと合わせて,面倒なので,ポン酢も合わせてしまいました。

ポン酢を混ぜたせいでちょっと見た目は良くありませんが。

何か香味野菜が欲しいと,本当は梅なら大葉なのでしょうが,冷蔵庫になくて,

Img419思い立って,まだベランダで頑張っているバジルをちぎって混ぜてみました。

ちょっと・・・いや,かなり心配でしたが,

思いのほかおいしくいただけたので,「うちもまだバジルが頑張っている」という人は,大葉がなければですが,ぜひ試してみてください。

Img421

梅は,普通の梅干しでいい気もしますが,

もしかしたら,かつお梅だからおいしかったのかもしれません。

かつお梅とバジルのコラボが実はよかったのかもしれません。

かつお梅とバジルをポン酢がつないでいるという関係がうまくいったのかもしれません。

おいしい理由はなぞに満ちていますね。

この辺研究すると,おいしい料理を狙って生み出せる人になれるのかもしれません。

| | コメント (0)

豚肉と白菜のかつお梅炒め

ねむいれす・・

おでこにニキビ?吹き出物?ができまひた。

昨日は特急に乗ったのですが,名古屋駅で駅係員に窓の外から起こされました>< はずい・・・はずすぎる・・・

でも懲りずに,今日を逃したら見られないであろう「ポニョ」をいまさら見てきました。

ミッドランドスクエアシネマで,10程度の人たちとみました。

その時間待ちでよった北海道展で,呼びこみにまんまと呼びこまれて「すみれ」のラーメンを食べました。映画終わったら遅いし食べとくか・・・と。

・・・眠い人が食べるものではないと思いました。あぶらーめんのようでした。トラック野郎に似合う味でした。全くもって油なので,ねこ舌には似合わない熱さでした。

さて

帰った後もいろいろとあったので,今日もこんな感じでよたよた過ごして,

院生室で後輩が食べていたファミマのおでんにちょっと負けそうになったのですが,

いかん!

と思い,できて以来超お気に入りの100円ローソン(99ショップみたく生鮮食品が売っている)で買い物をして帰ってきました。

で,おでんをひきずりまくっていたので,生揚げ(おでんの具)で煮物を作って,ポトフ(洋風おでん)を作って,ごはんに・・・

とここで,またもや肉がないのはいかんと思ったので,もう一品作りました。

この時点で全然頭は働いていないんだけど,前に値引きでかつお梅を買っていて,いつか使いたいと思っていたのです。調味料として。

かつお梅って,酸味あるし,塩けあるし,かつお梅だけにかつおの「うまみ」もあるでしょ。優秀だと見込んでいたのです。

作ってみたら意外とおいしかったので,メモっておくことにしました。

以下レシピです。

Img413

続きを読む "豚肉と白菜のかつお梅炒め"

| | コメント (0)

至福

Img357

あ!そういえばと思いだして,

チーズ,作っちゃいましたheart01てへ。

モッツァレラと同様,フレッシュチーズのなかま,リコッタチーズです。

んまんまheart04

レモンと塩を入れた鍋に牛乳入れて,かき混ぜながら加熱すればできちゃう。

これはハマる予感・・・

オリーブオイルや塩を加えなくても,チーズの薄い塩味とバジルの味で十分いけます。

左は,イタリアン酒蒸しです。

オリーブオイルと荒みじんにしたにんにくを入れて加熱したフライパンに,

角切りイタリアントマトを入れ,砂出ししたアサリをいれ,

軽く炒めてからワインを回し入れて,バルサミコ酢も回し入れて,

角切りパプリカを入れて炒め合わせ,

アサリちゃんたちが開いてきたら,パセリを入れて出来上がりですhappy01

塩味はアサリから出てくるので他の味付けは不要です。

なんて簡単,なんて幸せwine

部屋を通り抜ける風に吹かれながらというのも幸せlovely(今日は涼しいですね)

調子の良いソフト見ながらというのがなお幸せbaseball(ポニョは2時間流し続け歌い続けてちょっと疲れた)

ぜひやってみてくださいな。

しばらく分の充電完了flair

| | コメント (0)

みそバーグ

みそバーグ
吉田選手!超かっこいい!!!
でも、柔道とレスリングの技の違いがいまいちわからなくなってきた今日この頃です。

もみ合うのがレスリング、どしーんと倒すのが柔道だと思ってたんだけど(大誤解?)。

さて、

久しぶりにごはんブログです。

作っていなかったわけではなくて、創作(てきとー)メニューが多くて、レシピも一緒にと思いつつ、めんどくさくって見送ってました。

で、今日のメニューですが、

みそハンバーグです。

ふつうの作り方でハンバーグを作って(ここ省略するかよっていうツッコミはありがたくお受けします)、

肉汁流出防止のためにパン粉をつけて、

ふつうに焼いて、

おいしそうにこんがり焼けてきたら、

献立いろいろみそ とか つけてみそかけてみそ とかを

ぶちゅーっ とのせます(片面にちょうど塗れるくらい。大さじ1くらいかな)。

で、フライパンにお水を70ccくらい入れて(焦げ付き防止)ひっくり返し、

お水でみそをのばすようにして混ぜ、

煮詰まってきたら完成です。

お水はお出汁だともっといいんだろうけど、チューブのおみそにちゃんと入ってるので大丈夫。

最後に盛りつけて、煮詰めたみそソースをかけて、ゴマでもふりかけてお召し上がりくださいませ。

昔バイトしてた店で、赤味噌とみりんと・・・という同様の調味料で味付けしたハンバーグを出してて、それのパクリです。パン粉もパクリです。

もちろん、赤味噌に調味料入れてもおいしく作れます。

うまいですよ。
実はみそチューブのパッケージにも使用例として書いてあります。

最後に水を入れて蒸し焼き状になるので、生焼けもなく、柔らかく仕上がります。

ちなみに、ハンバーグは男の料理です!!料理全般男の人のほうが向いてる気がするけど、ハンバーグは特に強調したいメニューです。

力があって手が大きい人がたねを作ったほうが、絶対おいしく仕上がるもんね。

料理好きの男子も意外と多いけど・・・

頑張れ据え膳男子!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧