書籍・雑誌

ひとりでごはんをたべるのがイヤな日は

本は読まなかったと今さっき書きましたが,料理本だけは別格,お気に入りのものがいくつかあります。

タイトルは,小林カツ代さんの本,

「何もかもわずらわしいなあと思う日のスープ」の一節です。

この本は,レシピが載ってるので,料理本ではあるのですが,心と食事の関係について,カツ代さんの自身の経験からとても素直に優しく書かれていて,温かいスープのように入ってくるエッセイです。

こんなとき,こんなレシピはどうですか?あぁ,食べたい,と自然に思います。

何もかもわずらわしいなあと思う日のスープ (講談社プラスアルファ文庫)

おすすめポイント:
食事こそ,心の処方箋,と思います。

何もかもわずらわしいなあと思う日のスープ (講談社プラスアルファ文庫)

著者:小林 カツ代

何もかもわずらわしいなあと思う日のスープ (講談社プラスアルファ文庫)

続きを読む "ひとりでごはんをたべるのがイヤな日は"

| | コメント (0)